スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
また、よろしく
2010 / 10 / 14 ( Thu )
大阪
私の巣がある大阪の街でありんす


少しのブランクの後、また始めました(爆)

今度は無理しないで、のんびりやるつもり。

リア友が来ると、何かと大変やから、

今回は誰も呼ばずに、気楽にひとりでやります(笑)


テーマは決めずに、書きたいことをダラダラ書いて、

書きたくない時は一ヶ月くらい書かないとか、

そんなかんじで続けようかと思ってます。

そして、つまんなくなったら、またやめます(爆)


気まぐれな、路地裏の蛇の日記、

バカなことやってるなあ、と呆れながら、

適当に読んでね。

私も適当に書いてるから。(爆)


スポンサーサイト
23 : 10 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
喫茶『コンチェルト』
2010 / 10 / 16 ( Sat )



社用で関連会社に書類を届けに行ったら、

そこの課長さんが、

『ボクはこれから、コーヒーを飲みにいくんだけど、君もどう』

と誘ってくれました。

これだからオジサマは素敵でありんす。

『いえ、私、まだお仕事中で』

と、一応断っておいて、

『少しぐらいなら、いいじゃないか。お店には、ボクから電話しておくから』

と、いう言葉を待ちます。

これで、帰りが少々遅れても、文句を言われない(笑)


女は2回誘わないとだめだぞ(爆)

口実を与えてやらないと、ついて来ません(笑)


行ったお店がまたオシャレ。

扉を開けたとたんに、コーヒーの香りがふわっと漂って、

腰掛けた木製の椅子やテーブルも、挽きたての豆の色をしていました。

道路に面した窓際の席では、老紳士が何かの本を読んでいて、

その光景が、このお店の雰囲気にぴったりでした。

窓越しに通り過ぎていく人たちは、すっかり秋の色彩で、

目眩の夏は、いつの間にか終わったんやな、と思いました。


オジサマはとくに何かを話すわけでもなく、

お店に備えてあったIT系の雑誌を、ゆっくりとコーヒーを飲みながら読んでらっしゃいました。

私もその真似をして、ずっと、よくわかんない雑誌を見てました。


あの店のコーヒー、おいしかったなあ。


また、書類届けに行きたいです。



00 : 02 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
2010 / 10 / 16 ( Sat )


その日、
お友だちと堺に『関ジャニ』のイベントを見に行った帰りに、
つい駅前のゲームセンターでクレーンゲームに夢中になってしまって、
持ってたお金を、全部使い果たしてしまいました。
お互いに、相手が電車賃ぐらい持ってると思っていたのです。

『どうするんだよ~』

家に電話するにも、その日はふたりとも学校をさぼって来てたし、
迎えにきてくれ、とは言えません。

片っ端から携帯でお友だちに電話してみたものの、
電話に出たのはひとりだけで、
その子も学校さぼって今、名古屋で遊んでるといいます。

『どうするんだよ~』

その辺のオジサマに声かけて、お金を貸してもらおうとも考えりしましたが、
なんだか危ないことになりそうだし、
最後の手段として、交番をさがすことにしました。

でも、駅の街案内を見てから気がつきました。
『私ら未成年やし、交番に行ったら、家に電話されてしまうやん。
これは、あかんのとちゃう』

『じゃあ、どうするんだよ~』

ポケットや、バックを裏返して小銭をかき集めても、
ふたりで150円しかありません。
それで自販機でコーラを一本だけ買って、ふたりで回し飲みしながら
結局、そのまま鉄道沿いの道を、徒歩の旅が始まったのでした。

歩きながら、今まで誰にも話したことがなかった、
家のこととか、
好きな男の子のこととか、
将来のこととか、
悩んでることとか、
たくさんのことを打ち明けあいました。

見覚えのあるビル群にさしかかった頃には、
もうすっかり夕焼け空で、
お互いに会話する元気もなくなっていましたが、
別れ際に、

『じゃ、また』

と言い合いました。

その子は、来年春に結婚して、早々にお母さんになるそうです。
私と歩いたあの道のこと、
ずっと忘れないでいてくれたら、いいな、
なんて、ちょっと淋しくも思える今日この頃です(笑)

16 : 23 : 44 | 遠い空白い雲 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
イルカの日
2010 / 10 / 18 ( Mon )
R子には母親がいませんでした。
父親はゴクドウ者で、お酒を飲んでは行く先々で暴れて、
一晩警察の留置場で泊まってくることも度々でした。
母親はそんな毎日に耐えかねて、ある日突然、幼いR子を残して失踪してしまったのです。

その後のR子のスネかたは尋常ではなく、
やがては容赦ないヤキをいれるレディースの頭として、
族の連中の間では広く知られるようになりました。
そのぶんR子のチームは、
関西のどこのレディースより統制がとれていて、その結束は岩のようだといわれていました。

ある年のお正月、警察の暴走族一斉検挙で、
チームがパトカーに追われた際、
当時の彼氏がバイクの運転を誤って転倒し、
その後ろに乗っていたR子も足の骨を折って入院しました。

ですが入院している最中も、族のメンバーが次々と見舞いに訪れて、
病室内で乱痴気騒ぎを繰り返し、
已むなく病院はR子を隔離病棟に入れたのでした。

その病棟で、R子は、ひとりの幼い少女と知り合います。

彼女はまだ8才だったのですが、定期的に人口透析が必要な病気で、
しかも身寄りがないため、福祉の援助で、この病院に入院していたのでした。

大人には強い反発心を持っていたR子でしたが、
少女には気を許し、
一緒に絵を書いたり、歌を唄ったりして、
入院期間中ずっと、その少女と共に過ごしました。

少女が亡くなる間際、身寄りがなかった彼女のため、
少女の担当の看護士さんがその病室に、
たったひとりの友人だったR子を呼んでくれました。

般若とも夜叉とも言われたR子でしたが、
少女とお別れをした時、
『なんでやねん、なんでやねん』と叫びながら
人目も憚らず、繰り返し彼女の名を呼び続け、
そして立ち上がれないほどに極めて激しく号泣し、
結局、看護士さんふたりに担がれて、病室を出たそうです。



R子は今、ある福祉団体で、若いながら主任を務めています。
彼女の班は、その団体のどの班よりも統制がとれていて、
昨年は表彰を受けたそうです。

ある出会いは、人の人生を劇的に変えることがあります。

私の身近で起こった、小さな実話です。


20 : 30 : 15 | 遠い空白い雲 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
手紙
2010 / 10 / 20 ( Wed )


私はこんな奴なんですが、とりあえず何回かは
男の子から手紙なんかをもらったことがあります(笑)

そんなめんどくさいことしなくても、
直接、私に言えばいいやん、といつも思うけんど、
メールだけで済まそうとする奴よりは、まだいいかしれまっせん(笑)
メールで送ってきた奴には、
『100年たったら、またメールくれ』
って、返信しています(爆)

その時の手紙は、
『だれのこと書いてんだ、これ』と思う内容でした。
どうも、その子には私が、そういう女に見えるらしくって、
恥ずかしくて、誰にも見せられない文面でした。
でも正直、悪い気はしませんでした。

次の日、
めんどくさいから、私はその子のクラスに行って、
直接その子に、
『ええよ』
と、だけ返事をしました。
断る理由もないし、
別にエッチがしたいとか言ってるわけでもないし(笑)

そして、その子とある日曜日に京都でデートをしました。
デートをしたのはいいんだけんど、
なにせ、なにからなにまで自分で払ってくれるし、
私の靴の汚れまで拭いてくれるし、
真夏で暑くて、汗をかいたら、
その汗まで拭いてくれようとする子なんです。
すごくいい子で、
私を大事に思ってくれてるのはわかるんやけど、
なんだか、逆にしんどくなってしまいました。

多少バカたれのほうが、私は気が楽なんです。
腫れ物をさわるように気を遣われたんじゃ、
こっちも、その子の好みの女を演じなきゃいけなくなるし、
私はお姫様には向いていません(笑)

結局、その子とはそれ1回きりでした。

それが、今頃になって、
なんでもっと、ちゃんと付き合わなかったのかなあ、
なんて、思うことがあるのです。
外見は、イマイチ冴えない子やったけど、
あの子は、とっても誠実だったと思うのです。
そして、一生懸命だったと思うのです。
チャラチャラして、カッコだけの連中とは違っていました。
それを、今頃になって気がつくなんて
私が、いかにバカんちょだったか、最近になってよく思うのです。

すっかり秋になりました。

たまには私も、こんなことを考えて、
頬杖ついてる夜もあるわけです(爆)

23 : 06 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
太ったああ
2010 / 10 / 24 ( Sun )

太ったあ(汗)

2kg。

男の子たちは、『2kgぐらい、どうもないやんけ』
なんて言うけんど、
女の2kgは深刻なのです。

私は太りやすい体質やから、食生活にはかなり気をつけてます。
間食はしないし、ハンバーガーやフライドチキンは食べません。
コーヒーには、シュガーカットを使ってます。
それでも太るのかよ(悲)

見た目は変わらないし、
バロメーターにしてるGパンにも影響はありません。
だけど、どこかに肉がついてるんです。
内臓脂肪かもしれません。

食事でのダイエットは、
私の場合、最初に胸にきてしまうので、
なるべくしたくありまっせん。

やっぱり、運動しかないようです。
最近PCばかりしてたから、その報いがきたのかもしれまっせん。

お母さんは24~5才から太りだしたそうやから、
なんとなく嫌な気がします(汗)
おばあちゃんもお母さんも太ったけど、
私は太りたくなあい(怒)
太ってたまるかああ。

今日から頑張ります。




06 : 54 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。