スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
河川公園
2010 / 11 / 08 ( Mon )


お父さんが他界してから、
私たち親子はしばらく祖父の実家にいました。

でも、いつまでもお世話になってちゃいけないということで、
まもなく、お母さんは実家から少し離れた、淀川沿いの某駅の近くに
小さな文化住宅を借りて、そこに移り住みました。

当時お母さんはその駅前の、ある包装工場に勤めていたからです。

その頃の私は転校したばかりで、お友だちもいず、
学校が終わって家に帰っても誰もいないので、
よく淀川沿いの河川公園で、お母さんの帰りを待っていました。

公園から淀川をはさんで、向こう岸には、
いろんな工場がところ狭しと立ち並び、
そこにお日様が当たると、建物が銀色にキラキラ輝いて、
とてもきれいでした。

ときには、小さな船が、川から大阪湾に下っていくのが見えたり、
鳥たちが群れをなして、海のほうへとんでいくのが見えたりしました。

私はいつもその公園の、いちばん隅にある石のベンチにすわって、
ひとりで、本を読んだり、ノートに絵を描いたりしていました。

工場の向こうに夕陽が沈む時間になると、
遊んでいた子供たちは次々と家に帰り、
私はいつも一番最後でした。

土手をあがって、堤防から街を見下ろすと、
家々の灯りや、工場の照明があちらこちらに見えて、
長い夜を迎える準備をしています。

堤防の上を、まだ誰もいない自宅のほうに向かうと、
どこからか、夕飯の香りが漂ってきます。

私は、長くのびた自分の影を友だちに、
この堤防の道をずっと歩いたら、いったいどこに行くんやろね、
あの工場の煙突のさきには、何があるんやろね、
なんて話かけながら、歩いたりしていました(笑)

今でも、お仕事の帰りに近所の公園で、
ひとりでポツンとベンチに座っている子を見かけたりすると、
無意識に足が止まります。



スポンサーサイト
19 : 37 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
眠れない夜
2010 / 11 / 11 ( Thu )
変わり者の私は、
オタクでもないのに、
ぼんやりとひとりで過ごすことが多かったりします。

でもお部屋に閉じこもっているわけではなく、
気が向けば、目的もなく、
ふらっと街に出たりもしています。

仲間と騒ぐことも嫌いじゃないけど、
別れた後に漂う、寒々しい空気にどうしても馴染めなくて、
それならば、初めからひとりでいたほうがいいなんて思ってしまうのです。

淋しがりのくせに、
ひとりでいようとするわけです。

誰かが、そばに居てくれるなら、
ずっとそばにいてくれないと、
耐えられないのです。
だから、私は愛人には向きません。

ひとりでいるなら、
ずっとひとりでいたほうが気楽です。
別れの悲しみを知らなくて済みます。

愛の量をはかるコップがあったら、
あふれるほどの量ではなくて、
半分より少し多いくらいの、量が入った愛を注いでほしいなんて思います。
コップが傾いても、
こぼれない程度の愛でいいのです。

街へ出ても
何があるというわけじゃありません。

何でもある街に
私の探し物だけがないのかもしれません。

もしかすると、
誰の探し物もないのかもしれません。

何でもあるはずの街なんだけど、
本当は何もないのかもしれません。

19 : 15 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうひとりの『おろち』
2010 / 11 / 16 ( Tue )
私のHNは、民俗学者の柳田國男先生が書かれた『日本の伝説』の中の青柳の池の大蛇のお話から頂戴しています。
中学生の時から一貫してこのHNを使用しているので、
本名以外は、他のネームを使うことはありません。
それぐらい、愛着のあるHNです。

この『おろち』という名にこだわるのは、
実はもうひとつ、理由があります。

少年漫画ファンなら、知ってる人もいると思うけど、
楳図かずおさんが1969年に少年サンデーに執筆した
その名も『おろち』という恐怖漫画の主人公の名です。



『おろち』という名の少女が何者なのかは、最後までわかりません。
ただ、不思議な力があることと、不老不死らしいことだけが、
物語の中で、申し訳程度に語られているにすぎません。

主役とは言っても、彼女はストーリーテラーであり、
本編では脇役でしかありません。
物語によっては、タイトルが『おろち』なのに、
『おろち』自身が登場しない回さえあるぐらいです。

私がこの主役に魅せられたのは、その名が『おろち』だったことが一番ですが、彼女のキャラクターが、善でも悪でもなく、物語の『観察者』であることです。

この恐怖漫画の主役は、あくまで『人間』なのです。
その憎悪や愛情が、恐ろしい事件を生み出し、
『おろち』は、そんな人間たちを物陰からそっと見つめ、
必要あれば、ほんの少しだけ介入する程度です。
彼女の存在を誰も知らないまま、物語が終わることもあります。



高校生の時に、友人から聞いて、初めて読んだのですが、
それまで漫画になど興味なかった私が、この主人公にだけは夢中になりました。
それは、同じ名を持つ、『もうひとりのおろち』として、
姉妹のような愛情を感じたからかもしれません。

とても少年漫画とは思えないリアルな恐怖描写と、ストーリーは、
この類の作品の中では異色中の異色だと思います。
漫画やけど、お暇があったら、ぜひ読んでほしい作品です。
何年か前には、木村佳乃主演で映画にもなりました。
『おろち』役は谷村美月です。


映画版の予告編。
10 : 25 : 36 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
秋の怪談
2010 / 11 / 25 ( Thu )


私は、『オバケ』とか『ユーレイ』なんかには全く興味ないし、
そんなものより『強盗』とか『変質者』のほうがよっぽど怖いです。

でも、そんな私でも、1回だけ、『不思議やなあ』と思ったことがあります。季節はずれですが、毎年今頃になると思い出す、へんてこな体験談です。

今の仕事に就く前に、私はある有名電器店でバイトをしてたんやけど、
ある朝、出勤すると、お店の専用駐車場の出口で、
警察官数人が何かを検分している現場に遭遇しました。

お店に入ってから、バイトの先輩に聞くと
昨夜、お客の車が出口ゲートにぶつかって、
機械を破壊したうえ、そのまま逃走したとのことでした。

その犯人は、駐車場係の人が目撃していたこともあり、すぐに逮捕されたのですが、供述が曖昧なので、警察が犯人を同行させて、現場確認をしていたわけです。

そして、その後の調査で、他にもいろいろ不可解な出来事があったことがわかりました。

事故が起こる一週間ほど前から、誰もいないはずの深夜の駐車場で、
たびたび、30才ぐらいの女性の姿を巡回の警備さんが目撃していたのです。
警備日誌によると、女性が出現するのは
決まって駐車場の4Fで、警備さんが声をかけようとすると、
どこへ行ったのか、必ず姿が見えなくなったそうです。

最初の夜は、『駐車場の出口がわからず、迷っているのでは』と心配した警備さんが、一晩中、さがしたそうですが、ついに発見できませんでした。
ところが、翌晩にも、違う警備さんがその女性を目撃したことで、
防災センターでは『不審者』と判断して、
『深夜巡回強化』の指令が出ていたのでした。

犯人の供述によると、
買い物をすませて、自分の車に戻り、帰宅しようとしたところ、
バックミラーに、突然見知らぬ女性の姿が映ったらしいです。
驚いて後部座席をふりむいたところ、だれもいないので、
『勘違い』かと思い、そのまま出口に向かったら、
ゲートバー付近で、再びバックミラーに同じ女性が映ったとのことです。
とたんに、ものすごい恐怖にかられて、
一瞬でも早くこの場を立ち去ろうと、あわてて道路にとびだしたため、
ゲート及びその付近にぶつかってしまった、と言っているそうです。

その報告を聞いたときは、
『つまらんいいのがれ』と社員さんたちは笑い飛ばしていましたが、
防災センターで録画されていたビデオを警察が確認したところ、
確かに、女性と思われる人物が、
車内の後ろ窓から、防犯カメラを見上げているような角度で
映っていたことがわかりました。

ところが、その角度が、常識ではありえない位置であり、
後部座席に座っているというより、
『顔』だけが窓に貼り付いているといったほうが適切な映像だったそうです。

多くの社員さんたちは、『ポスターか何かの反射』として
考えたようでしたが、駐車場にはポスターなどなく、
また、証拠品としてビデオは警察が持ち去ってしまったため、
真相は結局わからずじまいでした。

ですが、店長は何か思うところがあったらしく、
事件から数日後に、お店が閉店したあとで、
知り合いのお坊さんに、駐車場と店内をお祓いしてもらったそうです。
17 : 40 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
石橋蓮司
2010 / 11 / 30 ( Tue )



友だちによく、からかわれるねんけど、
私は大地康雄さんが大好きで、
映画雑誌の切り抜きなどを数枚持っています。
大地さんのブロマイドなんて、売ってないからね(爆)

なぜ、大地さんなのかと訊かれても、
返事に困ってしまいますが、
わが『白雪家』にこんなお父さんがいてくれたら、いいのにな、と思うからもしれません。
頑固だけど誠実で、不器用だけど家族思い。
そんなイメージが、私の理想の『お父さん』像にぴったりです。

私の旦那様にしたい人のタイプは、少し違っていて、
筑紫哲也さんとか、藤本義一さんみたいな感じが理想です。

でも、一番好きなのは、なぜか石橋蓮司さんです(笑)。栗塚旭さんもいいけどね。

ロマンスグレーの筑紫さんや藤本さんはまだわかるが、
なんで石橋なんだ、と男連中から必ず言われるけど、
あの魅力は言葉では語れません。
大地康雄さんより、10才もお年上なのですが…(笑)

石橋さんは若い頃は悪役専門だったそうです。
ケーブルテレビで、古い刑事ドラマなどを見ると、
極悪非道の犯人とか、殺し屋とか、変質者とか、
すごく卑怯なチンピラとか、そんな役ばかりです(爆)
そして、たいていは射殺されるとか、
爆死するとかのパターンが多いです(爆)
人相が悪いし、雰囲気がアウトロー的だからでしょうが、
当時はずいぶん嫌われたのではないでしょうか。

私が石橋さんの熱烈なファンになったのは、
数年前に放送された『徹子の部屋』という対談番組を見てからです。

石橋さんは、演出もされるそうで、
ご自分が主催する小さな劇団ももっておられるそうですが、
そのキャラクターとは180度違って、異常な照れ屋さんで、
対談中もずっと、黒柳さんから目をそらして、
終始そわそわそわそわしていらっしゃいました。

黒柳さんによれば、幾度となくご出演をお願いしたのですが、
なかなかご承知してくださらなかったそうです。
『ぼ、ぼくは、こ、こういうのが、に、苦手で…』

お話の内容は、お仕事のことよりも、
石橋さんの私生活の話題が多く、
その内容も、役柄からは想像できない謙虚で地味なものでした。
『ぼ、ぼくは、き、気がちいさくて、お、臆病なもんですから…』
『に、女房に励まされて、が、がんばろう、と…』

この放送を見たとたん、私の中から、
なにかしら、すごく熱いものが湧いてきて、
全身がシビレてしまいました(爆)

その後、NHKのゲストコーナーに、高橋秀樹さんとご出演されている番組も見ましたが、
ほとんど、石橋さんはお話することなく、
高橋さんばかり喋っておられました。
実は、この番組は高橋さんがメインゲストだったのですが、
お友だちの石橋さんを、高橋さんが無理やり引っ張ってこられたのだそうです。
この時も、黒柳さんと同じようなことを
高橋さんも語っておられて、
私はますます、石橋蓮司ファンになってしまいました。

だからと言って、私は悪役俳優が好きなわけでも、
人相が悪い人がタイプなわけでもありません(笑)
17 : 13 : 48 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。