スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
黒く塗りつぶせ~tete
2011 / 12 / 05 ( Mon )
あー
うまくいかねー
面白くねー
って、私は今ちょうどそんな時期にいるのですが(爆)
そーゆーことはあんまり言葉にしないようにしてます。

言葉には『言霊』という魂があるそーで、
たとえば、
『俺はダメだ、ダメな奴だ』と
言い続けていると、
全然ダメな奴じゃないのに、
ホントにダメな奴になってしまうそうです(爆)

でも、私もたまには自身の反省の意味で、
『私はダメな子だー』
と、言うことがあります。
これは、お腹の中の溜まった『ダメな塊』を
外へ吐き出すためにわざと単発的に言ってるわけで、
毎日言ってはいけません(爆)

だからこの『言霊』をうまく使って、
毎朝、言葉にして、
『よっしゃ、今日もがんばるぜ』とか
『今日は、やるぞ』とか
『俺にはできる』とか言ってると、
一日はだんだん、その方向に流れていくそうです。

あー
面白くねー
つまんねー
って、毎日言い続けてたり、思い続けてたりすると、
そのうち、『何もかもが面白くない』『何をしても面白くない』って奴になってしまいます。
私の周辺にも、文句ばかり言ってる人がいます(爆)

不満は、できるだけ言葉にせず、
不満を感じたら、心の中で
『私は、負けんぞ~』
っていうエネルギーに変えることができたらいいな、
なんて思ってます(笑)


私のお友だちのteteさんが、めずらしく矢沢の永ちゃんをカバーしました。
teteさんふうにアレンジして、サイコ―の仕上がりなんで、ぜひ聴いてみてくださあい(笑)
作詞 /西岡恭蔵 作曲 /矢沢永吉  編曲 /tete
歌 /tete

teteさんのチャンネルはこちら
teteroom 
teteさんのオリジナルが中心ですが、カバー曲もあります。
スポンサーサイト
14 : 41 : 55 | ちょっと思ったこと | トラックバック(0) | コメント(30) | page top↑
I've never been to me
2011 / 12 / 11 ( Sun )
自分の愚かさに気がついた時は
無理に自分を正当化しないで
思う存分自分を罵倒したらいい

めっちゃくだらないやつだって
めっちゃしょーもないやつだって

そんで、頭からお布団かぶって
好きなだけ泣いたらいい

だって
ホントにつまんないやつなんだもの

泣き疲れて
そのままほんの少し眠って
起きたら、また思いだして、
また泣いたらいい

そんなことを繰り返してたら
そのうち、お腹が減ってくるから、
のろのろとキッチンへ行って
残りのお菓子を食べて

そしたらまた思いだして
お菓子を食べながら
お布団にもぐって
また泣いたらいい

夜中に目が覚めて
おトイレ行って
また思いだして
着替えもしないでまたお布団にもぐって
また泣いたらいい

やがて朝が来て
目が覚めて
また思いだしたけど
なんだかちょっと飽きちゃって
お腹もすいて
泣き虫さんはそれでおしまい

ふん
おかげで、昨日はよく寝れたぜ
なんて言いながら
出勤のお仕度

駅で
時間を見ようと携帯を出したら
あいつから
ごめんて
メッセが入ってた

うるさい
謝るんなら最初からすんな
だからあんたはつまんないやつなんだよ

だけど
私もつまんないやつだから
許す

でも
それでもちょっと悔しいときは
バカたれって書いて
返信すればいい

19 : 54 : 27 | 蛇のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
RG250ガンマ ウォルターウルフ
2011 / 12 / 15 ( Thu )

めっちゃ懐かしー

これ、私が3年ほど前に、
お友だちのTから借りて、一年くらい乗っていたRGガンマというオートバイです。
ウォルターウルフっていいます~
2ストなんで、車体が軽くって、
私でも取り回しが比較的楽でしたー

ただ、もう古いバイクだったんで、エンジンかけると
しばらく煙がモクモク(爆)
ぎゅーんっていう、エンジン音なつかしー

トラックのオジサマにひやかされながら、
琵琶湖の湖畔道路で、最高120キロまで出しました。

ひとりで一番遠くまで走ったのは、
天の橋立でありんす。
帰りに、9号線の山道のワインディングで、砂でタイヤがすべっちゃって、
ポテンと転んじゃいました。
下り坂が怖くって、ソロリソロリ走ってたからケガはしなかったけど、
転んだほうのステップが曲がってしまいました。

泣きそうになりながら、
渾身の力で、なんとかバイクを起こして、
一番近かったガソリンスタンドに立ち寄りました。

そしたら、スタンドのオジサマが、
ハンマーで叩いて、直してくださいました。
それから、他の若い店員の方が、転んで汚れた車体を
きれいに拭き取ってくださいました。
ホントにご親切なスタンドでした。
料金も請求されなかったんだよ。

帰りに、
『気をつけてな』
と、お声をかけてくださって、
私のバイクライフ(爆)の中の一番の想い出になってます。

もう2ストバイクは生産されてないそうです。
だから、あと10年くらいたったら、
私は貴重なバイクに乗ってた、ってことになるんやろなー

RGガンマ、ありがとう~

22 : 51 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
江頭2:50
2011 / 12 / 19 ( Mon )
江頭2:50


なんちゅーか、
破滅的芸人の代表格なんですが、
私、このエガちゃんという人、大好きなんです(爆)

やってることはめちゃくちゃで
支離滅裂なんやけど、
本当の彼はとってもシャイで、
繊細な性格なんじゃないかな、と私には思えます。

あの爆発ぶりは、その繊細な部分の裏返しなのではないでしょうか(笑)
いわゆる、自虐的『キレ芸』とでもいいますか(笑)
だから、こんなことを続けていると、いつか破綻してしまうんじゃないか、
という不安がいつもつきまといます。
そーゆー意味でも、危なっかしいタレントなんだよね。

でも、彼のお顔、
よーく見て下さい。

これが、なっかなかのハンサムなんです。

本拠地の大川興業の舞台では、テレビのようなことはせず、
真面目なサラリーマンや、頑固な職人などの役も器用にこなしているそうやから、
テレビでの無茶ぶりは、『テレビ用の顔』なんだよね。

私は、あまり物を言わない、シリアスな役柄なんかで、
刑事ものや、『ハゲタカ』みたいなドラマに出演したら、
とっても似合いそうな気するんやけど、どうかしら(笑)

たった20秒しかありませんが、私が転げまわって大笑いした動画です。
彼は日本の偉人のひとりかもしれません(爆)

10 : 40 : 34 | 特選あーちすと | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
クリスマスイブ~あるイブの夜のお話
2011 / 12 / 24 ( Sat )
イブなんだけんども、
私にはイブにまつわる
とくに面白いエピソードがありまっせん(笑)

そこで、今回はお友だちのワタリから聞いた
ちょっと切ないお話をご紹介したいと思います。

高校最後の年のイブの夜、
ワタリは、当時仲良しだったお友だち数人と、
お友だちの彼氏の自宅でクリスマスパーティをしていました。
参加者はワタリの他に、A子とB子、そしてB子の彼氏の大学生のC男さんです。

パーティは盛り上がって、
C男さんの弾くギターに合わせて、みんなで歌を唄ったり、
ケーキを食べたりしていたのですが、
そんな中、突然A子の携帯電話が鳴ります。

相手は、A子と大の仲良しのD子からでした。
電話口のD子は泣いていました。

D子は今夜、彼氏とイブを過ごしているはずですが、
どうしたのか、と思って理由をきいてみると、
待ち合わせの場所に彼がやってこないので、何度も電話したんだそうです。
そしたら、さっきやっとつながったので、
遅れている理由をたずねると、
彼は今夜、E子とイブを過ごしていることがわかりました。

つまり、この彼は、D子の他にE子とも約束をしていて、
E子のほうを選んだのです。
D子に何も連絡をしなかったのは、
『D子を傷つけたくなかったから』という理由でした。

待ち合わせの時間から、すでに2時間たっていました。
D子はその間、彼を信じて、ずっと待っていたのです。
電話口のD子の声は、泣いているせいと、
寒さのために途切れがちで、よくききとれなくなっていました。

A子は、そんな状態のD子を、このまま放置できないと思いました。
そこで、みんなに事情を話して、
D子のそばにいてあげたいので、
わるいけど、自分はこれでパーティを抜けると言いました。

すると、C男さんが、
じゃあ、みんなで、迎えに行こう。
D子さんも、一緒にクリスマスをしよう、
と言ってくれたのです。

ワタリも、C男さんも、D子とは面識がありませんでしたが、
A子のお友だちなら、みんな異存はありませんでした。
A子は、D子にその場所で、もうしばらくそのまま待っているように言ったあと、
C男さんの車に全員乗車して、D子を迎えに行ったということです。

このお話をきいて、
私は『やさしさ』って何だろうと思いました。
D子の彼氏は、
『D子を傷つけたくなかったから、本当のことを言えなかった』
と言ったそうですが、
私は、それは『やさしさ』ではないと思います。

彼は、D子を傷つけたくなかったのではなくて、
自分が傷つきたくなかったのだと思います。

本当のことを知るのは、それをきくほうも辛いですが、
それを告げるほうも辛いのです。
本当のやさしさとは、
こんなことになるまえに、
自分も傷つくことを承知で、きちんと真実をD子に告げるべきだったのでないでしょうか。

今夜も、世界中で、
いろんなイブの物語が生まれるんだろうと思います。
どうぞ皆さまに神の祝福を。
素敵なクリスマスになりますように。

07 : 43 : 02 | 遠い空白い雲 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
御堂筋を下る
2011 / 12 / 27 ( Tue )
御堂筋



大阪駅から、
御堂筋へ出て、
お友だちに携帯でメールを打ちながら歩いてるうちに、
気がついたら、梅新南を過ぎて、堂島まで来てました。

寒くって、思うように親指が動かなかったせいもあるけんど、
文字打ちに夢中になって、駅からどんどん歩いちゃったらしい。

引き返すには、ちょっと距離があるし、
もうちょっと歩いて公園まで出て
地下鉄に乗ったほうが早いと判断して
それから30分、ひとりデートになってしまいました(爆)

なんだか、私のこの一年を象徴するような
お間抜けなお話でありんす(笑)

あー、そーいえば
この一年
何にもなかったようで
なんだかんだありました。

一番の大事件は、
私がひとつ年をとった、ってことかな。
10代の頃は、22才で、大富豪と結婚する
なんて豪語してたけんど、
どうもそれは、現状ではかないそうもありまっせん(爆)
大富豪どころか、フリーターと結婚しそうな予感さえしています(爆)

来年は転職の可能性が大。
所属部署がないんじゃ、どうにもならんし、
このまま宙ぶらりんでいれるわけもないし。

就職直後に買ったスーツは
最近胸や、肩のあたりが窮屈に思えて、
この3年で、私の体もすこし変化したらしい。
体重は変わらへんねんけど、
体型が変わってきてるみたい。
心なしか、オシリも大きくなっているような(爆)

ネットは相変わらずのペースで、
内容も変わらず、年中同じことしてる感じだけんども
記事にするよな大事件がなかった、ってことは
この一年が平穏無事だった証拠でありんす。
ありがたや、ありがたや、てか。

なんてこと考えながら、
中之島公園に到着。

今年も何回か、ひとりぼっちで、ここに来ました。
一日中、ばら園のそばのベンチで、ぼんやりしてたこともあったっけ。

公園の神様、
来年も、私が凹んだときは、
また、よろしくお願いします~(笑)

んでもって、今年のシメは、私のテーマソングで(笑)

18 : 05 : 09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。