スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
迷信~Stevie Wonder - Superstition
2012 / 02 / 03 ( Fri )
夕ご飯のお片付けをすませたあと、
お気に入りサイトが更新されていないか
おこたでネットのチェックをしていると、
背中のほうでパチパチと
何やら変な音がしています。

見たら、お風呂あがりのお母さんが、
足の爪を切っていました。

『お母さん、夜に爪切ったら、縁起悪いで』
って私が言うと、

『いま切らな、いつ切んねん』
とか、全然平気です。

普通、こんなことは親が子に言うものだと思うんですが、
私んちでは逆なのであります(笑)

私が『縁起が悪い』というのは、
『夜に爪を切ったら、親の死に目に会えない』
なんて、どっかで聞いたことがあるからですが、
何が根拠なのかは知りまっせん。

うら覚えですが、こんなお話だったように思います。
爪などは、時間のある時に、縁側などでのんびりと切るもので、
爪を切る時間もないほどに忙しい生活をしていると、
いざ緊急の時にちゃんと対応できないぞ

ってことだったと思います。
だから夜に爪を切ったからどうのじゃなくて、
もっと心に余裕をもった生活をしなさい、ってことなのかな。
よくは知りまっせん。

この他に『13日の金曜日には悪いことが起こる』
なんていうのもあります。
これは、『イエス様が処刑されたのが13日の金曜日』に由来するものらしいですが、
今では宗教を越えて、よく耳にするお話です。

もうひとつ、『満月の夜には犯罪が多発する』
というのもあります。
これもその類のお話だと思うのですが
実は科学的根拠があるという方もいらっしゃいます。
女性の体は、月の引力の影響を受けているといいますので、
もしかしたら、満月の夜には
何か人間の精神に特別に作用するものがあるのかもしれまっせん(笑)

ちなみに私は、この類の事柄を信じるほうではありまっせんが、
昔からそういう言い伝えがあるのならば
科学的根拠の有無にかかわらず、
『その他の何か』があるのかもしれないと思ったりもするので
わざわざ自分から積極的に無視する事もないやろ、なんて思っています。

なので、私は夜に爪は切りまっせん(爆)

スポンサーサイト
19 : 35 : 10 | ちょっと思ったこと | トラックバック(0) | コメント(32) | page top↑
WINDY LADY~山下達郎
2012 / 02 / 09 ( Thu )
どっかで聞き覚えがある声で
すれ違いざまに、名前を呼ばれたんやけど、
最初は誰だかわかりませんでした。
でも、やがて私の記憶の底の方から、このふたりの姿が浮かんできました。
オタクのY男と、ケツフェチのS男でした。

一日中、蟻の巣の中みたいに人が行き交いする
阪神梅田駅前の地下通路で
偶然にせよ、昔の知り合いどうしがばったり出会うなんて
すんごい確率です。

ふたりともホントに久しぶりでした。
4年くらいぶりかな。
どちらも、私がまだ某電器店でレジをしていた頃のバイト仲間です。

Y男は変わっていませんでしたが、
S男はずいぶんと貫禄がついていました。

『久しぶりやな~』
Y男はよっぽど懐かしかったのか、
顔に満面を笑みを浮かべて
私を上から下までジロジロ見ては、そればっかり繰り返していました。
こいつ、まだガレージキット集めてるのかしら。
訊かなかったけど。

ケツフェチのS男は、ちょっと遠慮がちでしたが、
『すごく変わった。大人になった』なんて
同い年のくせに、そんなこと言っていました。
こいつも、まだ女の子のオシリばっかり追いかけてるのかしら(笑)
訊かなかったけど。

私と、S男とY男。
二度とない組み合わせだと思いますが、
その3人で、そのまま地下の喫茶に入って、
ほんの少しだけ、お互いの近況報告をし、情報の交換をしました。
Y男は今年卒業で、某商事会社に就職が内定してるそうです。
S男はあの電器店にそのまま就職して、今は一応班長なんだそうです。

お店を出たところで、Y男が私のメアドを訊いてきましたが、
『携帯、持ってくるの忘れてん』
なんて、見え透いた嘘でスルーしました。
そしたら、こいつ、メモに手書きで自分の携帯番号を書いて、私に手渡しました。
一応受け取ったけど、あんた、死ぬまで私から電話なんて来ないよ(爆)

結局、こいつらはそのまま、地下を上がって、
私が梅田歩道橋に出るまで、私の後ろをついてきました。
さすがの私も、だんだんウザくなってきたんで、
そこで、『じゃあね』と、わざと大げさに手を振って
半ば強引にお別れしました。

でも、ヤツラ、私が歩道橋を渡って、大阪駅に消えるまで、
別れた場所からずっと私を見ていたようでした。
もう、二度と会えないかもしれない、とは思いましたが、
私は振り返りませんでした。

一生のうちに、出会える人の数は、ごくわずかだといいますが、
そのわずかな人たちの中でも、
本当に自分の身近な存在となり得るのは
ホントにごくごくわずかな人たちだけです。

その他の人たちは、やっぱ風のような存在、ってことになるのかしら。
出会ったすべての人を愛するなんてできないし
出会ったすべての人と生涯交流を持つこともできません。

私も、ある人の風ならば、
できるだけ、さわやかな風でありたいなんて、ふと思いました(笑)

07 : 29 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(55) | page top↑
You'd Be So Nice To Come Home To ~Helen Merrill
2012 / 02 / 15 ( Wed )
男の子にとって、バレンタインって何なんやろか。

私の周辺では、
毎年、バレンタインが近づくと、
知り合いの男どもから、
『14日は頼むで』とか書いたメールが必ず入ります。
私だけでなく、お友だちのH子やS子のところにも入ります。

まー、日頃、アッシーに使ったり、
メッシ―に使ったりしてるから、
バレンタインくらいは、サービスしてもいいんだけんど、
なんでそんなにチョコが欲しいのかがよくわかりません。

昨年のお話ですが、
例によって、
『チョコおくれ』のメールが5人くらいから入ってたんで、
ひとつ300円程度で適当な義理チョコ買って、そいつらに配ったんですが、
その夜に、Tというヤツから電話がかかってきました。

こいつから突然電話があるなんて、とってもめずらしいことやから
何か、緊急事態が起こったのかと思って、電話に出てみると、
開口一番、

『オレのチョコは?』だと。

『オレのチョコ、って、あんた、チョコくれってメールなかったやん』
って言うと、
『そんなん、催促せんでも、オレにはくれてもええやろ』
なんて言う。

こいつには、れっきとした彼女がいるんです。
その彼女から、立派なチョコをもらっているはずなんです。

『あんた、○子がいるじゃないさ。○子からもらえよ』
って言うと、
『それと、これとは違う』
なんて言う。

なんのこっちゃねん。

仕方ないんで、次の日、コンビニでチョコ買って、
自分で適当にリボンつけて渡したんやけど、
そんなにチョコ欲しいんやろか。

後日、H子から聞いたら、
バレンタインの当日に、チョコを渡したK男が、
『青柳から、チョコもらった』とか言って、
仲間に吹聴してたらしい。
それを聞いて、Tが電話をしてきたらしい。

そんで、男どうしで、
誰が、誰からチョコをもらったかを、
目を血ばらせて、情報をさぐっているらしい。

何やってんねん、こいつら。
義理チョコの数、競い合って何が楽しいねん。

もし、立場が反対で、逆バレンタインやったとして、
私に彼氏がいたとしたら、
彼氏でもない男の子から、義理とはいえチョコ渡されたりしたら
嬉しいよりか、逆に迷惑に思うんやけどな。

ようわからんわ。

それに、職場の上司でさえも、
ちょっと女子社員からのチョコの数を気にしている様子もある。
男の子って、若い子だけじゃなくて、
すべての年齢で、バレンタインを気にしてるんやろか。

ちなみに、私の今年のバレンタインは、
スーパーで買った袋入りの粒チョコを
職場で、花咲じいさんみたいにばらまいただけです(爆)

ま、Tを含む何人かにはリボン付をやったけんど、
あいつら、まだ数を競いあってるんやろか。
アホらしくて訊く気にもなれんけど(爆)


曲はバレンタインとは何の関係もないけんど、気分で(爆)
09 : 28 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(65) | page top↑
Dream On ~ Aerosmith
2012 / 02 / 21 ( Tue )
夢については、いろんな分野で研究されているそうですが、
私がある本で読んだところでは、
人は、眠っている間に脳の中でシナプスの再構築を行って
記憶の整理をするのだそうで、
夢はその工程中の産物だそうです。

だから、人は眠ると必ず夢を見ていることになります。
目が覚めた時に、その記憶が残っていなければ、
『今日は夢を見なかった』ということになるようです。

でも、夢はそれだけではない不思議もたくさんあるようです。
そこで、私が見たいくつかの例をご紹介します。

○空を飛ぶ
空を飛んでいます。
私のこの夢の特徴は、最初の飛行時には夢と気がついていませんが、
いったん着陸して、2回目の飛行の時には、
『ああ、これは夢なんだ』という自覚があることです。

だから2回目は、自分の意志で飛ぶことができます。
この時は、どこをどう飛ぶかも自分で決めて、
たとえば街の中だったり、野や山だったり、場所を選択して飛ぶこともできます。
でも、時間はとっても短くて、飛行中に徐々に映像がうすれて
意識が現実に戻っていく感覚がわかります。
そして目が覚めると、
『あー、空を飛んだ夢をみたなー』という感じになります。

フロイトによれば、空を飛ぶ夢は、性的な意味合いがあるそうで、
昼間、覚醒中に何か刺激を受けたか、
あるいは、その日は潜在的に、とってもエッチがしたかったのかもしれません(爆)

○汚れたトイレ
場所はさまざまですが、個室に入ると、
足場を含めて、トイレが、汚物でとっても汚れています。
それは少々の汚れではなくて、
とてもこんな場所では用を足せないほどに、汚れています。

これは、そのシーンだけではなくて、
夢の物語の中の一場面として見ることが多いのですが、
目が覚めた時に、その場面の印象があまりに強くて、
しばらくすると本編を忘れてしまうことが多いです。

ちなみに、私んちのトイレはいつもピカピカにキレイです(笑)

○逃亡
数ある悪夢の中でも、最悪がこれ。
私が殺人を犯して、逃亡している夢です。
はじめは、なぜ自分が逃亡しているのか、よくわからないのですが、
そのうちに、誰かを殺して逃げていることを思いだします。
死体は、わからないように、どこかに隠しています。
でも、いつ発見されるか、わからないので、異常におびえています。
それで、いつも押し入れの中に潜んでいたり、
見知らぬ部屋に隠れていたりするのですが、
人の気配にとても敏感になっていて、恐怖と後悔にふるえています。

これは、あまりにもリアルなので、
目が覚めても、しばらくは夢なのか、現実なのかわからないことがあります。
もしかしたら、夢を忘れるように、
現実で本当に殺人を犯していて、
なんらかの理由で私の記憶から消えているだけのように思えたりします。
神経が張りつめた状態のまま目が覚めるので、
起きた時に汗をかいていたり、
目覚めたばかりなのに、小さな物音に驚いたりすることもあります。

チベット仏教の教えの中でしたか、
『カルマ』というものがあります。
それを基に考えると、私は過去世に殺人を犯していて、
そのために、現世でその報いを受けているか、
あるいは、過去世での出来事を夢として見ていることになります(笑)

この頃は、この類の夢はあまり見なくなりましたが、
忘れた頃に、またふっと見ることがあって、
最近では、飛行する夢を半年くらい前に見ています。

夢の内容に解釈をつけたがる人はたくさんいますが、
人によって意見はバラバラなので、
素人解釈はあまりアテにはなりません。
だけども、納得できる理由があれば、知りたいな、とは思います。

07 : 36 : 18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
Don't know why~Norah Jones
2012 / 02 / 23 ( Thu )
今朝の大阪は雨降りで、
だからというわけじゃないけんど、
なんだか、気分もレイニーな感じであります。

落ち込んでるわけじゃないけんど、
窓からぼんやりと雨の街を眺めていると、
ふと軽い焦燥感に浸ってしまいます。

この頃ようやく春の足音が
遠くから遠慮がちに聞こえてきて、
閉ざされた冬も終わろうとしている感があるけんど、

春を告げる間際の雨は
パステルではなく、まだブルーに近いです。

窓際で、立ったままコーヒーを飲みながら
小時間ぼんやりと
ただ雨煙の街をいく色取りどりの傘を追いかけていると
何だか、
舗道に咲いた花々が
華やかであればあるほど
逆に妙な疎外感をかんじたりするわけです。

人は、これだけたくさんいるけんど、
自分はひとりしかいないことを
今更のように感じたりするわけです。

かつては、自分の手の中にもあった、
あの温かさを
ふと思いだしたりしているわけです。

なんでそうなっちゃったのかな、なんて
答えのない問いかけを
自分にむけて繰り返したりしているわけです。

今朝からコーヒーを
エクセラから、ゴールドブレンドに変えました。
やっぱ、ゴールドブレンドは美味しいです。

もう一杯いただいたら、私もあの人の流れの中に
自分の花を咲かせて
この雨の街を闊歩していくのであります。

何事もなかったように
ありふれた過去を背負って
闊歩していくのであります。


今回の曲は今朝、ご拝見したkoukouさんのブログからいただきました。
koukouの気ままな音楽ライフはこちら♪
09 : 05 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(73) | page top↑
Do You Know Where You're Going To -~Diana Ross
2012 / 02 / 29 ( Wed )
朝のうち
空は厚い雲に覆われて
今日も一日、雨模様かしらと
覚悟して出社したのに

事務所の一番隅っこの
借り物の小さなデスクで伝票整理が終わる頃には
窓からは日差しが入ってきました。

お片付けが済んだあと、
事務所に残っていた課長と
数人の社員たちにコーヒーを入れ終えると
それ以降、私にはお仕事がなくなって
予想通り、今日は午前中だけの勤務となりました。

まだお仕事中の方々の
椅子の後ろをすり抜けるようにして
タイムカードを押したあと、

私は、ただの来訪者のように、
控えめにご挨拶をしたのち
そっと職場を後にしました。

職場のビルの大きなガラス扉を開けると
ひんやりと
まだ冷たい空気が頬をかすめましたが
空はもう
ある程度の雲を残しながらも
青く澄んだ、本来の姿を見せていました。

それはもう
冬の顔ではありませんでした。

少し歩いたのち
ふと、通りのウインドウに映った自分の姿を見ると
その黒いスーツは
もう私には似合わないことに気がつきました。
今の職場に就職が決まった時、
お祝いに新調したビジネススーツでしたが
三年もたてば体も心も、
自分を取り巻く環境も、
いろいろ変わってしまうものです。

以前から
スーツの胸元が
ちょっと窮屈な感じがしていたのは
気のせいではなかったのでした。

すると、急に
先日、三番街で見かけた、
青っぽいシフォンスカートのことを思いだしました。

春だもの。

淡い色の軽いスカートを
蝶のようにひらひらさせて
心のままに
どこかへ飛んでいくのも
また、悪くないと思いました。

13 : 22 : 12 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(57) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。