スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Talking In Your Sleep~The Romantics
2012 / 04 / 03 ( Tue )
私は
ごくたまにですけんど
寝言をいうことがあるらしいです。
寝ているので自分ではわからないけんど、
時々、夢の中で、誰かと会話をしてるらしいです。

まだTがニートだった頃、
私はお仕事でいろいろあって、
とっても疲れて、
勤務先の京都から電車をいくつも乗り換えて帰るのが
めっちゃしんどく思えた時がありました。

そこで、退社時間前にTに電話して、
たまには人のお役にたちなさいとかなんとか言って(笑)
京都まで車で迎えに来てもらったことがありました。
あの頃は連日の残業続きで、
その日も夜の9時過ぎまで社に残っていたのです。

ふだんドライブ好きの私ですが、
その夜は、そーとーに疲れてたんだと思います。
Tの車に乗せてもらったとたん、
私は、10分もしないうちに無口になって、
うつらうつら状態になってしまいました。

その様子をみたTが気をきかしてくれて、
助手席を倒してくれたので、
私は帰宅までの間、ぐっすりと眠ることができました。

ところが、いよいよ大阪市内へと入る頃、
Tによれば、突然私が寝言を言いだしたというのです。

最初は、自分に話しかけているのかと思ったそうですが、
どうも違うようなので、
しばらくじっと聞いていたらしいです。
でも、試しにTが私に話しかけてみると、
私は眠りながらも、ちゃんと答えたっていうんです。

以下、Tの証言

T 『ちょ、コンビニに寄ってええか』
私 『……うん』
T 『なんか食いたいもんないか』
私 『……えびせん』
T 『疲れてんのやったら、チョコのほうがええんちゃうんか』
私 『……うん』
T 『じゃ、チョコにしとくぞ』
私 『……えびせん』
T 『どっちやねん』
私 『……チョコ』
T 『チョコでええねんな』
私 『……えびせん』

ホントかどうか、わかりません(笑)
でも、お母さんも以前に、
私が夢の中で、誰かと会話しているのを聞いたことがあるって言ってましたから、
Tの証言は、嘘ではないかもしれません。

ただ、私には記憶がないので、
自分が、どんなことを喋っているのか、ちょっと不安です。
Tには、
『あんた、私にへんなこと訊かへんかったやろな』って脅すと
『訊いてへん』とは言ってましたが(笑)

どーも私の場合、ひどく疲れた時に限って、寝言をいうみたいです。
Tが、私に話しかける前に
私は夢の中で、誰かと会話してたみたいですが、
その相手が誰だったのか、
またお母さんが聞いたという
私の相手が誰だったのか、
いまだにどうしても思い出せないのが不思議です。

もしかしたら、私の夢の中だけに存在する
顔のない恋人でもいるのかもしれまっせん(爆)


スポンサーサイト
16 : 19 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
翳 ~ Mikiko Hirose
2012 / 04 / 06 ( Fri )
私は性格的に
すべての人に『いい顔』なんてできないし、
八方美人じゃないと思います。

世界万人を愛することなんてできないし
出会った人すべてを愛することもできません。
聖女になりたいとも思わないし
淑女でありたいとも思いません。
エッチも好きなほうだし
たとえ好きな人が変態でも全然かまいません(笑)

そんな私のことを
わがままだって言って
嫌ってる人もたくさんいると思うけんど
でもいいんです。
嫌われてもしかたないんだし。

でもリアルでは、終始そんなわけにはいかないから、
愛想よくしてることはあります。
そして、トラブルになりそうな人には
意図的に近づかないことにしてます。
嫌いだからと言って
争っていい理由にはならないと思うからです。

逆に、好きになった人は
とことん好きで
たとえその人がどんな人でも
やっぱり好きだと思います。

その人が正しいか間違ってるか、じゃなくて
私の場合は
好きか、嫌いか、だけだから、
始末が悪いです(笑)

松本清張先生原作の映画に
『砂の器』って作品があるけんど
その中の理恵子的かもしれません。

好きな男が殺人犯だとわかって
とっても悩むけれど
やっぱりその男が好きで
結局、証拠隠滅に加担してしまいます。

やがて野心家のその男が
口封じのために自分を殺すことがわかってても
その男恋しさに
男が呼び出した部屋へと向かうのです。
そして何の抵抗もせずに殺されます。

愚か以外、何者でもありまっせん(笑)

でもいいやん。
その男が好きだったんだから。
逢いたかったんだから。

理性だとか
正義だとか
誰が作ったのかわかんない常識だとか
そんなの言いたい人に言わせておけばいい。
そんなもののために
好きな男と別れるくらいなら
私はその男に殺されるほうがいいです(笑)

なにわの悪い子伝でした(爆)

18 : 09 : 44 | ちょっと思ったこと | トラックバック(0) | コメント(42) | page top↑
MAS QUE NADA~Sergio Mendes + Brasil 66
2012 / 04 / 11 ( Wed )
みもるさんのブログで
エッチ本のお話が出ていたので思い出したんですが
以前こんなことがありました。

幼なじみでもあり、私の大切なアッシーくんでもある
Tのお部屋に遊びに行ったとき
私は偶然、Tのオーディオラックの下から
数冊のエッチ本を見つけてしまいました。

その時、Tはキッチンで、私のために
自慢のピザを作ってくれていたので
私がエッチ本を発見したことに全然気がついていませんでした。

まー
ちょっと変態っぽい写真とか
少々エグイ写真とかはありましたが、
ごく普通のエッチ本だったと思います。

いよいよピザが完成して、
キッチンの向こうから、
Tが、タバスコをかけるかどうか訊いてきた時も
私は寝転がってエッチ本を読みながら
『少なめにしといてー』
とか返事したりしていました。

そしたら(笑)

何気なくキッチンから、ちらっとこちらを見て、
あっと気がついたのでしょう。
突然キッチンから、バタバタとTが走ってきて、
私から強引にエッチ本をとりあげたかと思うと
『なにしてんねん!』
と大声を出して、
必死でその本を隠そうとするのです(爆)

私は、
なに慌ててんねん、こいつ
と思ったので、
『別にええやんかー』
と言ったのですが、
Tは私から取り上げた本を両手で隠すようにかかえて、
そのまま、どっかに持っていってしまいました。

姿を消したTに、
私は寝転がったまま、
『見せてくれてもええやんかー』
と声をかけたのですが
Tからの返事はありませんでした(爆)

そのあと、
ピザをご馳走になりながら、
『さっきのエッチ本、見せてえや』
とまた私が言うと、
Tはむっつりとして、
『いやじゃ』
なんて言います。
『なんでやねん』
と私が言うと、
Tはぶすっとしたまま、
『恥ずかし』
とか言うのです。

恥ずかしい、なんてTらしくもない(笑)
ヤツの意外な一面を見てしまいました(爆)

男の子は、女の子に自分のエッチ本を見られるのを
とっても嫌がるみたいですね(笑)
私が思っているよりも、
男の子ってけっこうデリケートなのかもしれまっせん(爆)


08 : 30 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(52) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。