スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
予感
2012 / 10 / 02 ( Tue )
私の予感はよく当たるといわれます。

それは、『悪い予感』『いい予感』といった種類のものではなく、
あえていえば『展開』に関する予感とでもいいましょうか。

たとえば、
何かの事情で、初めて訪れた場所で
『いつか再び、この場所に訪れて、何か重大な出来事に遭遇するのではないか』とか
ある街に訪れたおり、
『私はこの街で働くことになるのではないか』とか
そんな根拠のないことをふと感じることがあり、
後にそれが現実になったことがよくあるのです。

その状況になってみて、
『ああ、あの時に感じたのは、このことだったんだな』
なんて思ったりするのです。

とくに、場所に関する予感には、不思議な的中率があり、
とても偶然だとは思えないことがしばしばあります。
形としては、まさに『ひらめき』のように、パッと心に浮かび、
その『なんでもない風景』を印象深く覚えていることが多いです。

なので、過去に一度も訪れたことがない場所なのに
『以前にも来たことがあった気がする』といったことや
『以前にも同じ場面に遭遇した気がする』という
『デジャブ』とは全く異質なものです。
どちらかといえば、『カン』に近いものでしょうか。

ある説によりますと、
『カン』には必ず原因があるそうで、
何にもないところから、突如として『未来を予知する』ということはありえないそうです。
すなわち『カン』とは
『経験の積み重ね』によるものであり、
人としての能力を超えたものではないとのことです。

よくいわれる
『オンナのカン』も、
いつもとは違う雰囲気や、時間の経過などを
過去の自分の経験から
その不自然さを敏感に察知するもの、といえるのかもしれません。

とすれば、私の『カン』にも、
私の『経験』が作用していることになります。

私の『経験』って、どんなものなのかしら。
若輩の私に、多くの経験があるとは思えませんから、
私の『カン』は、
もしかしたら『無意識』の中の潜在的な未来のイメージなどが
偶然に現実と一致したもの、というだけのことかもしれまっせん。


スポンサーサイト
14 : 42 : 18 | ちょっと思ったこと | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
『白蛇伝』更新停止のお知らせ
2012 / 10 / 07 ( Sun )
えっとー

『白蛇伝』はおかげさまで、今月で三年目を迎えたんですけんど、
魔の三年目といいますか、
近頃は更新どころかご返信もままならない状態になってまして、
いろいろ考えて、しばらくの間、休載することにいたしました。

原因は100%お仕事の事情でございます。
実のところ、『ある夢』を抱いて転職をしたんですが、
転職先は自分が考えていたほど甘くなく、
自分のリズムでお仕事が熟せるようになるまでは、
かなりの日数と慣れが必要なようです。
また、人間関係も私が知りうるかぎりでは最も難しい職場だといえます。

どんなにキツイお仕事でも、
『人間関係』がよければ、それなりに乗り越えていけるものですが、
その『人間関係』も、ある同僚の方のお言葉をおかりしますと
『破綻』していると、私も感じます。
どなたを足ががりにできるわけでもなく、
まったく『自力』で乗り越えていかなければ
『生き残ってはいけない職場』だということが、この頃ホントによくわかってきました。

先日、私と同期に入社された方がまた1名退職なさいました。
私と同期入社した方々は5名いらしたのですが、
そのうちの3名の方がこの一か月の間に社を去っておられます。
おそらく理由はすべて、さきの『人間関係』によるものだと思います。

私より、少し前に入社された方が2名おられるのですが、
その2名の方も、退職を考えておられるとのお話なので
いかに今の職場が『新人にとって不健康』な場所であるか、
現在、身をもって実感しているところです。

リアルがこんな状態でも、
日記として更新は可能だとも思うのですが、
お仕事で頭がいっぱいだと、
記事内容もそのことばっかりになっちゃいそうだし、
それは『白蛇伝』のスタイルじゃないなーとも思うわけです(笑)

でも、更新はしないけんど、
週に一度は必ずチェックをいれるつもりですので、
今のところは、ネットから完全に離れるつもりはありまっせん。
リアルが落ち着いて、また余裕ができれば
『白蛇伝』を再起動したいと思っていますので、
その時はどうぞよろしくお願いいたします~

追伸
皆様も、リアルではいろいろ大変なご苦労をされていらっしゃることだと思います。
でも、そのツライ時期が過ぎれば、必ず『いい時代』が来ることを信じて
ともに嵐の海を乗り切っていきまっしょう(笑)

15 : 20 : 49 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(24) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。