スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
もうひとりの『おろち』
2010 / 11 / 16 ( Tue )
私のHNは、民俗学者の柳田國男先生が書かれた『日本の伝説』の中の青柳の池の大蛇のお話から頂戴しています。
中学生の時から一貫してこのHNを使用しているので、
本名以外は、他のネームを使うことはありません。
それぐらい、愛着のあるHNです。

この『おろち』という名にこだわるのは、
実はもうひとつ、理由があります。

少年漫画ファンなら、知ってる人もいると思うけど、
楳図かずおさんが1969年に少年サンデーに執筆した
その名も『おろち』という恐怖漫画の主人公の名です。



『おろち』という名の少女が何者なのかは、最後までわかりません。
ただ、不思議な力があることと、不老不死らしいことだけが、
物語の中で、申し訳程度に語られているにすぎません。

主役とは言っても、彼女はストーリーテラーであり、
本編では脇役でしかありません。
物語によっては、タイトルが『おろち』なのに、
『おろち』自身が登場しない回さえあるぐらいです。

私がこの主役に魅せられたのは、その名が『おろち』だったことが一番ですが、彼女のキャラクターが、善でも悪でもなく、物語の『観察者』であることです。

この恐怖漫画の主役は、あくまで『人間』なのです。
その憎悪や愛情が、恐ろしい事件を生み出し、
『おろち』は、そんな人間たちを物陰からそっと見つめ、
必要あれば、ほんの少しだけ介入する程度です。
彼女の存在を誰も知らないまま、物語が終わることもあります。



高校生の時に、友人から聞いて、初めて読んだのですが、
それまで漫画になど興味なかった私が、この主人公にだけは夢中になりました。
それは、同じ名を持つ、『もうひとりのおろち』として、
姉妹のような愛情を感じたからかもしれません。

とても少年漫画とは思えないリアルな恐怖描写と、ストーリーは、
この類の作品の中では異色中の異色だと思います。
漫画やけど、お暇があったら、ぜひ読んでほしい作品です。
何年か前には、木村佳乃主演で映画にもなりました。
『おろち』役は谷村美月です。


映画版の予告編。
10 : 25 : 36 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<秋の怪談 | ホーム | 眠れない夜>>
コメント
--TZR250さん--

おはようございます。
日曜もお仕事ですか。私と同じです(笑)
今日も一日、頑張りまっしょい(笑)

最初はちがう曲をアップしてたんやけど、映画の予告編を見つけたので、差し替えました。

私はレンタルでみたんやけど、思ったよりいい出来でしたよ。ぜひご覧あれ(笑)
by: おろち * 2010/10/24 08:14 * URL [ 編集] | page top↑
--駅にて--

私も少年時代に読んだ記憶があります。
楳図かずおは、怖いマンガを描いていました。
映画のことは知りませんでしたが、映画のテーマ曲は、情念のこもったいい曲ですね。
by: TZR250 * 2010/10/24 06:21 * URL [ 編集] | page top↑
--アマチストさん--

おお、リアルタイムで読んでましたか。
私はコミックス全巻そろえたよ(笑)
映画版の谷村美月は、ほぼ原作に近い『おろち』像だったと思います。実写だと、あれが限界かな。
楳図ファンサイトによると、『おろち』のモデルは1969年当時の藤圭子ではないか、との説があります。藤圭子、Youtubeでみたけど、そういえば似てる気がするよ(笑)
by: おろち * 2010/10/23 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
--連休です--

私はサンデーファンだったので、この連載を読んでいました。あの頃は恐怖マンガブームで、他紙にも数多くの怪奇ものが連載されていました。
鬼太郎は少年マガジンだったと思います。
40年も前の作品が、現代でも読み継がれていたり、映画化されるということは、この作品が名作だった証拠です。
また読んでみたくなりました。
by: 遅れてきたアマチスト * 2010/10/23 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aoyagiorochi.blog111.fc2.com/tb.php/12-6e35adb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。