スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
風の通り道
2012 / 01 / 13 ( Fri )
もう二度と帰らないつもりでした。
S少年の家出は、これで3度目でしたが、
今度こそもう、死ぬまで帰らないつもりでした。

怒りと、やるせなさと
満たされぬ想いで胸がいっぱいで、
ただひたすらに自転車をこぎました。

そして、いつかお友だちと来たことがある
ある山の麓の、小さな空き地にたどり着きました。

なぜかS少年は、昔から、この空き地の向こうの山を越えると、
自分が見たこともない、知らない町があって、
そこに行けば、今の自分の境遇のような
不和な家庭もなく、貧乏もなく、人も優しくて
幸せな暮らしができると信じていたのです。
ただし、一度越えてしまうと、
何年も帰ることができないと聞いていました。

実は、以前にも、一度ここまで来たことはあったのですが、
その時は勇気がなくて、その山を登ることができませんでした。

でも、今回はもう違います。

S少年は、大事にしていた自転車を
空き地の隅の、人目につかない場所にそっと隠すと、
しばらくじっと目をつぶって
ひと呼吸おいたのち、
意を決して、山に登り始めました。

家から衝動的に飛び出してきたままだったので、
何の用意もなく、お金もありません。
ですが、山の向こうの町にさえたどりつけば、
誰かがきっと面倒を見てくれると信じていました。

それから、S少年は無我夢中で山を登りました。
鬱蒼とした木々をぬけて、
ぬかるんだ道を歩き、
藪を越えて、
ただひたすらに、山の向こう側を目指したのでした。

そして、どのくらい登ったでしょうか。
長い長い時間のあとで、
ようやく頂上らしき場所にたどりつきました。

時刻はもう夕暮れに近くなっていました。
S少年は、ようやく、夢にまで見た憧れの町に着いたと思って、
頂上付近の一番見晴らしのよさそうな場所に走りました。

でも、そこからは、隣の山が見えるだけで、
何もありませんでした。
その山の向こうはまた山で、
そのまた向こうも山々が連なっているだけでした。

その時、初めてS少年は泣きました。
何が悲しかったのか、
なぜ涙が出てくるのか、
少年にはわかりませんでしたが、
ただただ、涙が止まりませんでした。



シゲさんは、そんなお話をされたあとで、
照れくさそうに笑いました。
あれから40年近くの歳月が流れましたが、
シゲさんは未だに独り身で、子供もいません。

私は、もう夕ご飯の仕度をする時間になっていました。
帰ろうとして、ふとお買いもの袋の中に、
おみかんがあったのに気がつきました。
そして、その中から、小さなおみかんを3個ほど、
シゲさんにあげました。

ありがとう。
そういえば、もう長いこと、みかん食べてなかったよ。
みかんって、どんな味か、忘れるところだった。

そう言って、シゲさんはまた、照れくさそうに笑いました。
21 : 33 : 55 | 遠い空白い雲 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
<<稲川淳二 | ホーム | 雪の華>>
コメント
----

私も音楽好きですが、「風の通り道 」静かな音色です。Profileの画像凄くスタイル良いですね。
by: purotoko * 2012/01/14 06:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます。
画像と音楽が先なんですか、詩がさきなんですか?
お互いいい感じでほんと凄いです。
語り手はシゲさんの子どもじゃないんですね。
どんな関係なのか、そんなところも気になっちゃいました。^^
by: シモちゅう * 2012/01/14 07:17 * URL [ 編集] | page top↑
--purotokoさん--

おはよーございまーす
はじめまして~

コメントありがとうございますー
先ほど、purotokoさんのブログのほうをご拝見させていただきました。
グルメブログなのかな、と思ったら、そうじゃないんですね。
後であらためて、お伺いさせていただきますー
by: おろち * 2012/01/14 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
--シモちゅうさん--

おはよーございまーす

あらー
ご出勤前に、ありがとうございます~

あー、
シゲさんは、私のお友だちで、ミュージシャンをやってます。
売れないブルースシンガーって感じかな(笑)
私の家の近所に、行きつけのお店があって、そこの常連さんなんです。
今年で50才になられます。シゲさんについては、過去ログで記事にしたことがあるので、
ここでは詳しくふれませんでした。
また、お暇があったら、なんとなく読んでいただければ
嬉しいです(笑)

http://aoyagiorochi.blog111.fc2.com/blog-entry-54.html

記事は文章が先で、あとからイメージに近い曲をさがすことが多いです。
S少年とはシゲさん自身のことだよ(爆)
by: おろち * 2012/01/14 11:04 * URL [ 編集] | page top↑
--少年時代--

私も京都にいた高1のとき、似た体験があります。
地図を見て、五条通りを東進すれば大津市に着くと思って、自転車を走らせました。しかし蹴上の坂のキツイこと。この坂が果てしもなく続くような気がして、大津行きはあきらめました。
S少年と違って、そこへ行くまでにあきらめた<へたれ>でした。
1年後、自転車を担いで上り、大津に着きました。そのときは達成感はありましたが、「なぜあのとき自転車を担ぐことを思いつかなかったのだろう」と思うと、口惜しい気持ちもありました。
少年時代の思い出です。
by: 京一郎 * 2012/01/14 16:30 * URL [ 編集] | page top↑
--辻先生--

辻先生、ありがとうございます。
ご本業の方がコメしてくださるなんて、びっくりしましたー(嬉)
貴重なお時間を割いていただいて、本当にありがとうございます。

五条通りから、大津へ抜ける坂道は、私も知っています。
3年くらい前、バイクで走ったことがあります。延々と長い坂が続いて、その先の頂上付近にトンネルがあって、それを抜けると山科に出る道ですよねー
確か1号線だったかな。
あの道は、自転車じゃちょっとキツーイですよね(笑)

S少年と似た経験をお持ちだとすると、先生も家出されたことがあるのかな(爆)
by: おろち * 2012/01/14 17:06 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

今回は、親のコートがない少年のお話ですね。あるいは、親のコートがあっても自分から飛び出していった少年の話かもしれません。

人生への解答が込められているようで感動的でした。
曲もまた、なんとも切ないですね。

私は家出経験はないですが、進学して親元を離れた時はものすごく自由を感じました。学校の寮の二人部屋でプライバシーもなかったのですが、今思うと、親の干渉がないことで精神的な面で自由になっていたみたいです。でもそれは、今回のお話で言うと、山の向こうを目指して、一生懸命に山道を登っている段階にすぎなかったのでしょう。後になって、連なった山々を見て、涙を流すわけです。

人生には”みかん”が必要で、おろちさんの毎回の記事が、自分にとっての”みかん”になっているように思います(笑)

長く厳しい冬も、みかんとコタツがあれば大丈夫?!
by: まいたけ * 2012/01/14 20:16 * URL [ 編集] | page top↑
--まいたけさん--

おはよーございまーす

あー
桃源郷といいますか、ガンダーラといいますか、もしかしたら、それは少年時代にしか存在しないもので、大人になっちゃうと、消えちゃうのかもしれませんね。

今回使用した『トトロ』の曲ですけんど、このトトロも、子供にしか見えない妖怪だってことになってます。

今回の記事は2年くらい前にご本人から聞いたお話ですが、長い間ずっと忘れていたんです。
それが、先日ネットサーフィンをしていて、偶然見つけた、『道の森』っていうブログを拝見した時に、突然思いだしたんです。
管理人のみもるさんのご許可をえて、『白蛇伝』にもリンクを貼らせていただいているので、お時間がある時に、ぜひ一度ご覧になってくださ~い。
少年時代の冒険心が、ちょっとくすぐられますよ~
私のおススメは『東武矢板線』と『東武矢板線リベンジ』の2本です♪
by: おろち * 2012/01/15 09:33 * URL [ 編集] | page top↑
--冒険時代--

おろちさん^^おはようございます
久しぶりにシゲさんの話題、何か嬉しい気分です^^
男の子時代って自分の見えてない領域(地域)に何かを感じ冒険心が芽生えるんですよね、なので例えば川の向こう側とか電車の線路の向こう側にはいったい何が・・・・どんな世界があるんだろうと思いを巡らせます。
歩くしか手段が無かった小学校低学年から自転車で少し遠出が出きる中学年あたりで多くの方達が同じ思いをしていたことでしょう。
私は早56歳を迎えますが当時は自然も多く思えばトトロな世界だったのかもしれません。
草むらをくぐったり森を抜けたり小川を辿ってみたりすると別の世界が待ち受けている・・・・そんな時代でした。
毎日が冒険気分だった様に思い出されます。

楽しい少年時代を思い出させて頂きました、おろちさん・・・そしてシゲさん^^ありがとう。
by: KouKou * 2012/01/15 10:33 * URL [ 編集] | page top↑
--KouKouさん--

おはよーございまーす

あの道の向こうには、何があるんだろーっていうのは、大人になってからでもちょっと興味がありますよね(笑)
私は女だけんど、すんごく興味がありますよ(笑)

でも、ほとんどの大人の方は、『そんなの知ったところで何にもならない』なんて思ってしまうみたいですね。
それが大人になる、ってことかもしれません。

でも、私は、大人になってからでも、『何にもならないことはわかってるが、オレは行って、確かめてみたいんだ』っていう気持ちを持った方が素敵だな、と思います。
少年の好奇心をずっと持ち続けている方には、大人になってからでも、いつかトトロが見えるかもしれないと思っちゃうからです(笑)

トトロが見える、ってことは、そーゆー方は、いつの日かガンダーラに行ける可能性もありそうに思えませんかー(笑)

私は、桃源郷みたいなところは、廃トンネルの向こう側にあるような気がして仕方ないんです(爆)
by: おろち * 2012/01/15 11:33 * URL [ 編集] | page top↑
--夢を何時までも・・アニメは永遠に--

ほんと^^書かれた通りそんな思いを今も持ち続けたいと思いますね^^

トトロ^^ 何時でも見れるように夢のあるアニメはパソコンに入れて時々見てます。

何か心が洗われるような気がするのです。

ところで廃トンネルの向こうって怖いイメージなんだけど~~~(^。^;;

さって朝食も作って食べたし部屋の掃除も済ませた・・・後はノンビリ休日を楽しむことにしてアニメを見てみたいと思います^^
何時も妻には笑われるけど・・・言わせて頂きます
もうすぐ56歳だってアニメは好きだ~~~・・・・っと吼えさせて頂きました(笑)

      ↑  自重(爆)

by: KouKou * 2012/01/15 11:58 * URL [ 編集] | page top↑
--KouKouさん--

あー
そーいえば、私最近アニメ見なくなったなー
宮崎作品もこのところ全然観てません。
こりゃーテレビ自体を観なくなったのが原因かもしれまっせん。
たまに、レンタルで映画観るくらいだからねー
う~ん
今度借りてこよーかな(笑)

私はもしかしたら、『オバハーン』になるのが早いのかもしれまっせん(爆)
これじゃーいけまっせん。
子供と一緒に冒険の旅へ出るくらいの心意気がないとダメですよね(笑)

廃トンネルの向こうの桃源郷(笑)
私は、ユートピアは、ドラえもんみたいに、ドアを開けたらそこにあるんじゃなくて、やっぱ、遥かな旅路の果てとか、高く険しい山の向こうとかにあったほうが、よりロマンチックやと思うんだけんども~(爆)
勇気をふりしぼって、廃トンネルをくぐったら、そこは夢の楽園だった、っていうほうが面白いと思いませんかー(爆)

http://www.youtube.com/watch?v=cAX4vhXz6SE
by: おろち * 2012/01/15 14:00 * URL [ 編集] | page top↑
--千と千尋・・・・やはり怖い~ん^^;--

廃トンネルじゃなかったと思うけど、私食いしん坊だから通った先に美味しい食べ物あったら食べちゃうかな~~

で、おばんばに豚にされちゃう・・・・・
-----------------------------------
    v-12「ゆばーば」でした修正入れさせて頂きます、なんか?違うよな~って思っててWikipedia見たらおもいっきし間違ってました。
-----------------------------------
 あ~~~やっぱし怖い><

ま^^それはそれで、今ちょっと用足しに外出たんだけど寒いね~、こういう日はやはり家出暖かくしてノンビリ良い映画やアニメってのもいいものです。

   ついでにお酒も(笑)
by: KouKou * 2012/01/15 14:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。オフロードの単車でソロツーリングしてた頃は、峠を目指してダートの林道を走りましたが、わくわくするのと、さびしい感じが、ごちゃごちゃになった感覚でした。目指す峠に着くと、ポカ~ンとしてました(笑)

素掘りのトンネルも、熊野の山中なんかによくありました。(あのあたり、この前の災害でどうなったのかなあ、大丈夫だと良いのですが。平時でさえ、道が崩れてるところがかなりありましたから。)

あのへん、温泉が素晴らしいです(^-^)/ 私の好み/おすすめは、湯の峰温泉です。小栗判官と照手姫の物語にでてくるところです。
http://www2.w-shokokai.or.jp/hongu/oguritokumano.html?

脱線してきましたので、この辺で失礼します~
by: poke * 2012/01/15 16:13 * URL [ 編集] | page top↑
--koukouさん--

KouKouさん、びっくりするかもしんないけんど、
私、実は『千と千尋』観てないんです~(爆)
それどころか、『もののけ姫』以降の宮崎作品は一本も観てないんだよ(爆)
だから『ポニョ』も『ハウル』も知らないんです。
なんでかな、『もののけ姫』の世界観があんまり強烈だったので、
それ以降の作品を観る気がしなくなっちゃったというか、
飽きちゃったわけでもないんだけんども~

あー
これはイカンですな。今度その気になったら借りてこようと思います(笑)

そーそー
今月の私のセコムの木ですが、
しばらく不作が続いてた反動か、
今月は大豊作になってます!
いつもご面倒をみていただいて、本当にありがとうございます~
もー、今月はガンガンご収穫してくださいねー(嬉)
by: おろち * 2012/01/15 17:09 * URL [ 編集] | page top↑
--pokeオジサマ--

こんばんは~

熊野古道には行ったことないけんど、
南方熊楠先生の著作で、いろんなお話を読みました。
あのあたりは、日本の妖怪の里のひとつとしても有名みたいですね(笑)

小栗判官と照手姫の物語
なんか、すっごいお話ですねー(爆)
このお話の最初に出てくる大蛇の化身のその後が、
同類の私としては気になるところですが(笑)

湯の峰温泉に入ったら、餓鬼でも癒してもらえるんですか(笑)
そんなら、蛇も人間になれるかな(爆)
by: おろち * 2012/01/15 17:31 * URL [ 編集] | page top↑
--脱線の続き--

湯の峰って、おもしろいっていうと語弊がありますけど、独特です。小栗の話にぴったしって感じでdeepです(^-^)/ お湯は、硫化水素系で湯の花が浮いていて、いい湯です~。小さな寺のわきに「公衆浴場」があるんです。寺の敷地内みたいに。これがまた、なんていったらいいか、表現力がないので上手く言えませんが、一応、お金をもらうけど、って感じ。決して外見上きれいではありません。それと、小栗の話にも出てくるつぼ湯は、せいぜい2人しか入れない大きさでした。

ありきたりな言い方ですが、熊野は、深~い根っこのように、あります。

南方熊楠は、和歌山県が生んだ天才ですね。
そういえば、おろちさんは、柳田國男も含めて、民俗学の世界、ものがたりがお好きでしたが、
いつ頃からお好きになったのでしょう。ドストも含めて、かなりの文学少女だったみたいですね~。このブログの素晴らしい匂いも、そのあたりからの影響があるのでしょう。

どんどん脱線しちゃいました~


by: poke * 2012/01/15 20:41 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

今、みもるさんのブログの『東武矢板線』、『東武矢板線リベンジ』を拝見したのですが、めちゃくちゃおもしろかったです!お茶をパソコンに吹き出すところだったよ!

東京にいた時に、よく日光~福島あたりに出かけていたので、知っている地名もあってなつかしかったです。あのあたりの林道を車で走ったこともあります。さすがに廃トンネルには行ったことはないけど。

でも、あの、とんでもないところに来てしまったという、背筋の寒くなるような感覚はわかります。

直接コメントさせてもらおうと思いましたが、わからなかったので、こちらに書かせてもらいました。
by: まいたけ * 2012/01/16 01:41 * URL [ 編集] | page top↑
--pokeオジサマ--

こんにちは~

湯の峰温泉、行ってみたいですねー
熊野古道も、機会あれば歩いてみたいです。

私は、文学少女?だったわけではありまっせん(笑)
ただ、ちいさい頃から童話やおとぎ話が好きで、中学になってから、柳田先生の著作を知りました。
文学本を読むきっかけになったのも、柳田先生の『遠野物語』からでありんす。

南方先生は、柳田先生とご交流があった関係で、その書簡の中から知りました。
お若い頃の南方先生は、インテリ風のヤサ男、って感じなのに、いつ頃から、本物の熊みたいなお姿になっちゃったんでしょうか(爆)
by: おろち * 2012/01/16 12:21 * URL [ 編集] | page top↑
--まいたけさん--

こんにちは~

『道の森』、面白かったでしょー(笑)
構成・演出が面白いっていうか、
探索者のみもるさんとご一緒に、廃坑や廃道を歩いている感覚がするのです。

次は何があるんだろ、って気になっちゃいますよね(笑)

みもるさん曰く、あまりにもマイナーなブログなので、
コメント欄を設けてらっしゃらないんだそうです(笑)
コメ欄がないので、私はしかたなく、みもるさんの別のブログに『道の森』についてのご感想を送ったのですが、『道の森』のコメが来たことに、作者ご本人が驚いておられました(爆)

『道の森』は、私が今までに見たことのないタイプのブログです。
旅行記や、地元案内でもなく、ただの写真ブログでもないのです。
私の他にも必ず『コア』なファンがいらっしゃると思います。

ちょっとマニアっぽいところが、変わり者の私としては、またいい感じなのです(笑)
by: おろち * 2012/01/16 12:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

リンク有難うございます!!!

ここのギターの「風の通り道」いいですね~!!
この曲は大好きなんで・・この記事を読みながら・・ちょっと・・うるうるしながら・・
聞き惚れてしまいました~。。。!!



by: みもる * 2012/01/16 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
--みもるさん--

こんばんは~

『風の通り道』いいですよねー
原曲はもっと壮大なアレンジなんやけど、この曲はギターだけとか、ピアノだけとかのシンプルなほうがしっくりくる感じがしますね~

今回の記事のヒントになったのは、『道の森』の東武矢板線リベンジで、みもるさんが自転車を草陰に隠して出発する場面でした。
あれー、どっかで聞いたようなシーンやなー、と思ったら、このお話を思いだしたのです~
なので、この記事にも、同じように自転車を隠す場面を挿入しています(笑)

『風の通り道』をBGMに、読んでくださってホントにありがとうございます~
by: おろち * 2012/01/16 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aoyagiorochi.blog111.fc2.com/tb.php/241-bb48eeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。