スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
鉄塔 武蔵野線
2012 / 08 / 08 ( Wed )
私は毎年、夏になると、ある映画を思いだします。
それは『鉄塔 武蔵野線』という少年映画で、
ある少年の夏休みの出来事を題材にしたものです。

鉄塔って、電気を送ってるあの鉄塔?って
最初私もこのタイトルにびっくりしちゃいましたが、
このお話では、その『鉄塔』が見事な主役になっているんです。

鉄塔 武蔵野線とは実在する送電線で、
東京都保谷市と埼玉県日高市を結ぶ全長28.1km、送電電力15万4000ボルト、
通称「武蔵野線」のことです。

物語の主人公は、東京保谷市に住む平凡な、ひとりの少年です。
原作と映画では、微妙に設定や結末が異なっているんですが、
ここでは私が観た映画のほうのお話をしたいと思います。

mu.jpg


少年の両親は別れて住むことになりました。
少年は母親に引き取られることになり、
この夏休みが終わったら、二学期からは母親の実家がある長崎へ転校することになっています。
これが少年にとって、東京ですごす最後の夏休みでした。

少年の父親はとてもロマンティックな人で、天体観測が趣味です。
また、なぜか鉄塔の下にはピラミッドにも負けないパワーがあると信じていて、
その場所で、競馬の予想などをして、当たったこともあります。

少年が小さい頃は、日曜日ごとにそんな父親と鉄塔の下でよく遊んでいましたが
少年が成長するにつれて
父親とはあまり話さなくなり、一緒に遊ぶこともなくなりました。

KKOUO.jpg


東京での最後の夏、
夏休みももう後半になっていたある日、
少年がひとりで公園で遊んでいると、
ふとしたことから、公園内の鉄塔に『71』と書いてあるプレートを発見します。
それがなんの数字だか、最初はわからないのですが、
ふと、少年はその隣の鉄塔を調べてみようと思い立ちます。

そして送電線を伝い、その隣の鉄塔まで行ってみると、そこには『70』という数字がありました。
さらにその隣の鉄塔まで行ってみると、そこには『69』の数字があるではありませんか。

少年にとって、これは大発見でした。
つまり、この数字をずっとたどっていくと、最後には必ず『1』の鉄塔があるはずです。
父親が鉄塔にはパワーがあると言っていました。
普通の鉄塔でもパワーがあるのだから、
この『1号鉄塔』には、きっと、とてつもないパワーを持つ『何か』があるに違いないと少年は思いました。

そうして少年にとって、この夏最大の大冒険が始まりました。

少年は近所に住む、年下のお友だちを誘い、
リュックサックに自転車という出で立ちで、颯爽と冒険に出発します。
前夜には、ビール瓶の王冠をつぶしたものをたくさん用意しておきました。
これを、冒険の『証し』として、自分たちが訪れた鉄塔の真下にひとつづつ埋めていくつもりです。
親には、この大冒険は秘密です。
たったふたりしかいませんが、この『探検チーム』の結束は固いのです(笑)

img_305287_57695795_3.jpg


炎天下の夏の日差しの中を
2台の自転車に乗ったふたりの少年が、鉄塔を目指して走りぬけていきます。

いつのまにか、どちらが作ったのかわかりませんが
『鉄塔調査隊のうた』までできています。
『隊』といっても、ふたりしかいませんが(笑)

鉄塔はいろんな場所に立っています。
ある時は広大な田園地帯の真ん中に、
ある時は住宅密集地に、
またある時は工事現場の中に、

少年たちはフェンスを越え、
丘を登り、
自転車をかついで川をわたりながら
ただひたすらに、送電線を伝って最終地点の『1号鉄塔』を目指します。

SSSS.jpg


夏の青い空をバックに雄々しくそびえ立つ鉄塔
夕日を受けて逆光の中に見える鉄塔
あるいはコンクリートの土台に、その影だけを見せる鉄塔
ああ鉄塔って、こんなに美しいものだったのかと
再発見させられます。

夏の強い日差しの中、
ごくたまに流れる静かなBGMのほかは、バックには蝉の声しかありません。
距離を行くごとに、徐々に少年たちの服や顔が汚れていきます。
少年たちの顔のアップは、いつでも汗まみれです。

途中で、けんかをしたり、
王冠を埋めようとした鉄塔の真下に、大きな犬がいて近寄れなかったり、
自転車がパンクしてしまったり
冒険の旅には、さまざまな出来事があります。

KJHG.jpg

しかし、目的の最終地点にはほど遠い場所で、すっかり日が暮れてしまいます。

一緒に来てくれた年下のお友だちは、あたりが暗くなってくると、
とたんに心細くなって、
結局、25号鉄塔まで来たところで、彼は帰宅してしまいます。

それ以降、少年はひとりぼっちになってしまいますが、
それでも『1号鉄塔』を夢見て、このまま野宿することに決めます。
公衆電話から、母親には『友だちの家に泊まるから』などという見え透いた嘘をついたあと、
近くのスクラップ工場の自動車の中でパンを食べて、一夜を明かします。

翌日、朝早くから、少年は旅の続きをはじめますが
途中、川を渡ろうとして、片方の靴を失ってしまいます。
それでも、片足のまま冒険を続けるのですが、
17号鉄塔まで来たときに、鉄塔の巡回パトロールに発見されてしまいます。
前夜の電話を不審に思った母親が、捜索願いを出していたのでした。

かろうじて、巡回パトロールを振り切った少年でしたが、
あわてて逃げたために、自転車をその場に置いてきてしまいました。
それ以降、少年の旅は徒歩になります。
でも、このままでは足が痛いので、ごみ捨て場から、なんとか履けそうな靴をさがします。

もう、この時点での少年の姿は、
全身汗とドロにまみれていて、おまけに靴は片ちんばだし、
顔もまっくろになっています。

tt_top1.jpg

15号鉄塔は、ゴルフ場の中にありました。
少年は『証し』の王冠を埋めるため、フェンスを越えてゴルフ場に侵入しますが、
その帰りに監視員に見つかってしまいます。
汚れきった少年の姿を不審に思った監視員は、
『おまえ、何しにきたんだ』と強い口調で責め立てますが、
少年は無言でうつむいて、答えようとしません。
監視員は少年を蹴り倒し、
『どうせ、どろぼうにでも来たんだろう。すぐに出ていけ』と怒鳴って
少年を追い出します。

少年が何も答えなかったのは
話したところで、どうせ大人には、わかってもらえないと思ったからだと思います。
彼はただ、鉄塔が好きで、王冠を埋めたかっただけなのです。

蹴られて、痛む足をひきずって、
少年はやっと道路まで出てきます。

お友だちは帰ってしまった。
靴も失くしてしまった。
自転車もなくなった。
大人からは怒鳴られて、しかも痛い目にあってしまった。
もう少年の気力は失せようとしていました。

img_305287_57695795_0.jpg


そこへバスがやってきます。

『もうやめよう』
『もう帰ろう』

そう思って、少年はバスに駆け寄ります。
そしてバス停の前に立ちます。
バスは少年を見つけて停車し、乗車口のとびらが開きます…

画面は、送電線の向こうに広がる、真夏の空を映しだします。
そして、バスのとびらが閉まる音が聞こえます……

次のシーン
小さなトンネルの向こうから、小さなシルエットが
小さな声で、なにかしら妙な歌をうたいながら、こちらに歩いてきます。
それは、あの『鉄塔調査隊のうた』でした。

そう、少年はバスには乗らなかったのです。

そして、遥かに続く送電線と、美しい鉄塔の姿を背景に、
たったひとりで、ボロボロの姿で旅をつづける少年の小さな背中に、おおたか静琉さんの主題歌が流れます。

ooo.jpg



あらすじは、ここまでにしておきます(笑)
少年は夢の『1号鉄塔』にたどりつけたのでしょうか(笑)

とっても地味な映画です。
これ見よがしな感動シーンがあるわけでもなく、
特撮もアクションもありません。
カメラは常にドキュメントタッチで、
原作で少年が歩いた道のりを、実際に子役もスタッフも一緒に歩きながら撮影したそうです。

調べてみると、レンタルも出ているみたいなので、
お暇があれば、どうぞ一度ご覧になってみてください。
あの少年時代の夏を、きっと思いだされることと思います。

そしていま、自分がどんな大人になっているのか、ふと考えさせられると思います。
07 : 40 : 51 | 映画・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(23) | page top↑
<<底なし柄杓 | ホーム | ひきこもり>>
コメント
----

おはようございます。
おろちさんの語りも上手すぎです。
時間が無いのに最後まで読んでしまいました。
そして、この映画、思いっきり見たくなりました。
では、いそがないと。
by: シモちゅう * 2012/08/08 08:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

文章に読みいってしまいました^^

主人公は、チビノリダーこと伊藤 淳史さんですね^^
この映画は知りませんでした。

今度レンタル探したいと思います^^
by: ひでち * 2012/08/08 10:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

この映画は見ていませんが、一号鉄塔にたどりつけたかどうかは想像できます。

パクリでしょうか。あるいは同じ事に気がついたのでしょうか。
テレビ局の大人が、同じことを車を使ってやっている番組を見た事があります。充分興味深い内容でした。
映画、観たいですね。

おろちさんの説明も、もちろん上手です。
by: しのぶもじずり * 2012/08/08 12:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

「鉄塔 武蔵野線」はとても気になっていた映画です。
でも、まだ見ていません。
6、7年前、ひきこもり村。という交流サイトで、ある方から
「彦之進さんなら絶対気に入る映画だから」と薦められました。
普段は人から薦められた映画、本、音楽にはあまり興味がわかないのですが、
この時は、このタイトルからして面白くないわけがないと直感して、
すぐにネットであらすじを読んで、これは絶対に見よう!と思ったのですが、
その頃はひきこもっていてレンタル屋に行くことというか外出そのものが億劫で、
その内にいつの間にか忘れてしまいました。
それをおろちさんが思い出させてくれました。
女子は興味わかなさそうなタイトルに思えるのですが、おろちさんなら納得です。
若い娘さんに失礼かもしれないと今まで控えていましたが、
自分はこのブログを読んでいると、
たまに「少年オロチ」という言葉が頭に浮かび、おろちさんをそう呼びたくなります。
実際は美人でエレガントな娘さんだということは知っていますが。
by: 彦之進 * 2012/08/08 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

おろちさんが、この映画見られて、ブログに書かれて、それを私が見た・・・事に感動しました。

かなり前に私も見たんです。

淡々とストーリーが続き、きがつくと最後まで見てボディーブロー的な

感動を感じました。

自分が小さかった時の感覚と言うか・・匂いと言うか・・・・・。

by: ホテルマン * 2012/08/09 04:30 * URL [ 編集] | page top↑
--シモちゅうさん--

おはよーございます~

お時間がない朝のご出勤前に、全文読んでくださったんですね。
しかもコメまでいただいて、
本当にありがとうございます~

書いた本人は、夜にのんびり書いて、朝にアップして、
ぼさーっとコーヒー飲んで
だらだら出勤したんですけんどね(爆)

この映画、夏になると、何年かに一回のわりで、ケーブルテレビで放送してるみたいです。
1時間50分のドラマのうちのほとんどが、ただ鉄塔を追いかけてるシーンなので
ちょっとマニアックかもしれまっせん(笑)
by: おろち * 2012/08/09 08:25 * URL [ 編集] | page top↑
--ひでちさん--

おはよーございますー

そーなんですー
伊藤淳史さんの初主演映画なんだそうです。
もうね、この子役時代ですでに、
今の伊藤さんの自然体の魅力がとってもよくでてます。

むしろ、子役時代のほうがいい感じさえします(笑)
伊藤さんといえば、私は映画では『ロボコン』と『海猿』くらいしか知らないんですけんど、
どちらも物静かな、好青年の役がぴったりですよねー
by: おろち * 2012/08/09 08:35 * URL [ 編集] | page top↑
--しのぶもじずりさん--

おはよーございますー

映画をご覧にならなくても、結末がわかるなんて、さすがですねー
私は、
原作では『は?』
映画では『え?』っていう感じでした(爆)
でも、どちらかというと映画の結末のほうが好きです。

本が出たのが1994年、映画が上映されたのが1997年ですから、
もうずいぶん前の作品です。
私も、あるバラエティー番組で、似たような企画をみたことがあります。
by: おろち * 2012/08/09 08:42 * URL [ 編集] | page top↑
--彦之進さん--

おはようございますー

私は男の子だったら『大樹』という名前になる予定だったそうです。
両親は男の子が欲しかったみたいだけんど
女の子に生まれちゃって、申し訳ないです(笑)

この映画を教えてくれたのは、女の子のお友だちです。
女の子だって、仮面ライダーとかガンダムとか観てますし、冒険もします。
私個人は、仮面ライダーは知ってますが、ガンダムは観たことありませんけんど(爆)
女の子だって、自転車にも乗りますし、ツーリングもします。
探検にだって行きますよん。

ゲームなんかじゃ、でっかい剣をふりまわして怪物相手に
『ゴラァーッ』ってやってますからね(爆)
by: おろち * 2012/08/09 08:53 * URL [ 編集] | page top↑
--ホテルマンさん--

おはようございます~

ホテルマンさんはご覧になりましたかー♪
そーですねー
すんごく淡々とした映画ですよね。
劇的なシーンがひとつもないですからね。
だからこそ、とっても現実味があって、
『ああ、自分もそうだった』とか
『自分にもできたかも』っていう感慨になっちゃうんですよね。
野宿とかは、女の子じゃちょっと無理ですけんど(笑)

見かたによっては、あんまり淡泊すぎて不思議な映画と感じる方もいらっしゃるみたいです。
とくに、少年の親子関係などは、めんどくさい部分をかなり省略してる感じがありますしねー
私は、それは『子供の視線』から見た世界だから、ととらえています。
映画でも小説でも、人の数だけいろんな感想があって、面白いですよね。
by: おろち * 2012/08/09 09:11 * URL [ 編集] | page top↑
--どもども(^_^)--

はじめまして、というか、いつもブログ拝見しています。

自分の娘よりも若いお嬢さんにコメント書くのも、
気のないキャバクラ嬢にハマって喜んでる「ヤラシイおっさん」みたいで、
イヤでしたので、遠慮していました。

「鉄塔 武蔵野線」、もの凄く見てみたくなりました。
すぐ近くに住んでいて、
いつも保谷の町で明け方まで飲んでますので・・・(^_^;)
というよりも、ほんとは、映画大好きチョイワルおやじなので・・・(^_^;)

ではでは、ひきこもりの人の心に共感を持たれることが妙に魅力的なお嬢さんに乾杯!!

失礼しましたm(_ _)m
by: 窓野外男 * 2012/08/10 01:04 * URL [ 編集] | page top↑
--窓野外男さん--

はじめまして。
ご覧くださってありがとうございます。

主人公の少年のご近所にお住まいなんですね。
レンタルが出ているということなんですが、
私の近所では見かけたことがありません。
20年近くまえの古い映画なので、そういうコーナーがあるお店なら
置いてる可能性があるかもしれません。
保谷市にお住まいなら、地元が舞台になっているので、
取り扱ってるお店があるかもしれませんね。

毎日明け方までお酒を飲んでらっしゃるんですか。
酔っ払いの『ヤラシイおっさん』相手に接客しなくちゃいけない
キャバクラの女の子は大変なお仕事だと思います。
キャバクラの女の子じゃなくても、大変だと思います。
by: おろち * 2012/08/10 10:39 * URL [ 編集] | page top↑
--誤解です(^_^;)--

どもども(^_^;)

「鉄塔 武蔵野線」、レンタルしてる店を探してみようと思います。

誤解です(^_^;) 毎日は飲めませんよ(^_^;)

それから、私はキャバクラ大嫌い人間です(^_^)

酔っ払いの『ヤラシイおっさん』相手に接客しなくちゃいけない女性を相手に飲んでも楽しくないですから・・・(^_^)

ではでは。
by: 窓野外男 * 2012/08/10 12:02 * URL [ 編集] | page top↑
--窓野外男 さん--

ああ
そうですかー
レンタルが見つかるといいですね。

それでは暑い日が続いていますが
どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

窓野さんのご健康と今後のご発展を
お祈りしております。
これにて失礼いたします。



by: おろち * 2012/08/10 13:58 * URL [ 編集] | page top↑
--も一回来ました--

え? 一号鉄塔って全部変電所の中にあるんじゃないんですか?
私なめてましたね。
本かDVDを見かけたら、見なくては。
by: しのぶもじずり * 2012/08/10 18:20 * URL [ 編集] | page top↑
--しのぶもじずりさん--

こんばんわ~
ありがとうございますー

この作品の原作を書かれた銀林みのるさんは、
この『鉄塔 武蔵野線』で第6回日本ファンタジーノベル大賞の、なんと『大賞』を受賞されています。

あの『りんぐ』『らせん』で有名な鈴木光司さんでさえ応募作品の『楽園』は『優秀賞』でしたので、
武蔵野線の原作のほうは、なかなか一筋縄ではいかない展開になってます(笑)

この日本ファンタジーノベル大賞はプロ・アマ問わず、どなたでも応募できるそうで、
とくに賞を受賞しなくても、それが面白い作品ならば刊行されるそうですよ。
今年は残念ながら大賞受賞作品はなかったみたいですが、
しのぶもじずりさんも、一度ご応募されてみてはいかがですかー

by: おろち * 2012/08/10 20:08 * URL [ 編集] | page top↑
--読ませて頂きました--

蛇さん^^ おはようございます

世間では盆休みに入りますが蛇さんは相変わらずお忙しいのでしょうか?

ここ数日NTTの光回線が不通になるので今先ほどNTTに電話してサービス依頼
したところです、昼間はいいんだけど夜頻繁に回線切れするので困りますv-16

今回の「鉄塔 武蔵野線」知りませんでしたが素朴で面白そうですね~今度レンタル探して
みようと思います、子供の頃だれもが一度は同じような経験をした・・・・・・そんな映像を
見れる気がしてワクワクです^^

保谷市は車で2~30分ほどの距離に住んでますが、後輩がそこの出身なので同じような
体験してないかな~~~今度聞いてみよう^^

ちなみに最初良く見ないで武蔵野線? え? 家の前を走ってるローカル線?
なんて勘違いしちゃいました>< (JR武蔵野線)

思えば子供の頃は近くに流れるドブ川でさえ自分の世界を展開して遊んだものです
笹の葉で船を作って流したらそこは大航海の世界^^;
自転車を始めて買ってもらった頃、初めて行く世界一つ一つが冒険
誰でも子供の頃は冒険してたんでしょうね~

懐かしく子供の頃を思い出させて頂きました^^ ありがとうございます。
by: Koukou * 2012/08/11 10:02 * URL [ 編集] | page top↑
--おどろき--

おろちさん、お久しぶりです。熊五郎です。
一瞬、ブログを間違えたと思いましたよ。マジで。
さらに驚いたのは、武蔵野線と書いてあるタイトルを見てドキっとしました。
なぜって、昔、JR武蔵野線の浦和に7年間住んでいたので、これはと思いましたが、
よく見ると「鉄塔」とあり、ありゃ、線違いだと気がつきました。ガハハハ。
ほんとうはここではあまり、白雪伝のことは述べるのは失礼なので、控えていましたが、
白雪伝のBBS今までお疲れさまでした大変有意義な時間をいただき感謝しています。
ふたつの嗜好性の違うBBSがあることで私はおろちさん大ファンになったのです。
私も変ですが二面性を持っています、一方では真理ちゃん病の顔、もう一方では自然を
愛する真面目な顔。こんな私ですけども、今後もよろしくね。BBSの管理お手伝い
いたしますよ。ご安心を私は酒もたばこもいっさいやらないのでBBSに穴をあけることも
ないでしょうね。そしてもうサラリーマンではありません。
by: 熊五郎 * 2012/08/11 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
--koukouオジサマ--

おはよーございます~

かんかん照りの日々が続いてますけんど、どのようにお過ごしでしょーかー

お盆休みの期間ですけんど、
私は少しだけ母の実家に顔をだすほかは、とくに予定はありまっせん。
私的な用事がちょっとあるくらいです。

私もねー自転車を買ってもらったときは、
これで日本中、どこでも行けるぞー、なんて思ったものです(笑)
今でも自転車は好きですけんど、見知らぬ町を走った時の興奮は、
子供の時よりは薄れちゃったかな。

それにしても暑いですねー
こんな中を、帽子もかぶらずに遊びにいっちゃうと、
大人なら一発で日射病になってしまいます。
でも子供って、わりと平気で炎天下の中で遊んでますよね。(笑)
大人とはやっぱ、からだの頑丈さが違うのかしらね(笑)
by: おろち * 2012/08/12 10:32 * URL [ 編集] | page top↑
--熊五郎のオジサマ--

おはようございます~

あのBBSは、もう管理者が変わりましたので、私のものではなくなりました(笑)
現在の管理者はsakuraオジサマになっております。
できましたら、新しく生まれ変わったsakuraのオジサマの新BBSの応援をよろしくお願いいたします~

今まであのBBSの応援をしていただきまして、
本当にありがとうございました。
あのBBSは、ちょっと私の色が濃い過ぎて、ファン系BBSとしては問題があるな、とずっと思っていたのですが
sakuraオジサマに管理が変わることで、その問題も解決したと考えております。
by: おろち * 2012/08/12 10:56 * URL [ 編集] | page top↑
--単純に好きです--

多大な時間と多大な労力をつぎ込んで、勝手な使命感など感じつつ?
色々打ちこむ姿・・・ 何を追い求めてるって?
そんな事、自分だって分かんないよ~



どんなことでも良いと思うけど。
何かに熱中するって素晴らしいことだと思います。

ワタシは単純に好きですね~
by: aki * 2012/08/13 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
--akiさん--

こんにちは~
お盆休みはいかがお過ごしですかー

何かに夢中になるっていいですよね。
それが何になるとか、何の役にたつとかじゃなくて
一生懸命熱中すること自体に喜びがあるんですよね。

私も何かに熱中したいとは考えているんですが
今んとこ、何もないです(笑)
でもそのうちに、とことん夢中になれる何かを見つけたいと思います(笑)
by: おろち * 2012/08/14 12:20 * URL [ 編集] | page top↑
--熱中--

収集、踏破、創作・・・ いろんなタイプがあるでしょうね?

ブログの改造なんかみてると、蛇ちゃんは熱中タイプとお見受け致しました。
by: aki * 2012/08/14 13:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aoyagiorochi.blog111.fc2.com/tb.php/307-aa364e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。