スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
底なし柄杓
2012 / 08 / 12 ( Sun )
その方を仮にAさんとしておきます。
Aさんは社会人になってから自転車を始められたのですが、
今では、その道30年のベテランサイクリストでいらっしゃいます。
そのAさんが、まだお若い頃、
ある夏に、会社のお盆休みを利用して『四国一周の旅』を企画されたことがありました。

当時はまだ、瀬戸大橋も存在せず、
関西方面から四国に渡海するには、
兵庫県の明石港からフェリーに乗って、いったん淡路島に渡り、
洲本市まで行って、そこからさらにフェリーに乗って四国に渡る、というルートが一般的だったそうです。

さて、このAさん、淡路島までは計画通りだったのですが、
洲本市に向かう途中で、自転車のトラブルに見舞われてしまい、
自分が乗船するはずだった四国行のフェリーに乗り遅れてしまいました。

社会人ですから、お盆休みの期間もそう長くはありませんので、
必然的に予定は強行軍となっていて、
日程では今夜中に香川県に渡ることになっていました。

Aさんが、目的のフェリー乗り場についた時には、もう夜半になっており、
港で次の船をしらべましたが、今夜の便はもうありませんでした。
やむをえず、Aさんはフェリー乗り場の待合室で一夜を過ごして、翌朝の便を待つことにしました。
そこへ、『助けの神』があらわれます。

たまたま、この待合室をのぞいた地元の漁港の方が、
Aさんのお話を聞いて、気の毒に思って、
ちょうどこれから荷物を瀬戸内海のある島へ運ぶ用事があるので、
その帰りに自分の船で、Aさんを四国へ渡してくださるというのです。

Aさんは感謝感激、
このご親切な方のお世話になることにしました。

船は漁船でしたが、操作室の真下には仮眠室もあり、
船底には冷凍庫もある立派なもので、そのような船に乗せてもらえることだけで
Aさんのこの旅の充実度は一気に頂点に達した感がありました。
また、このご親切な方こそ、この船の船長さんであり、
他に若い船員さんが3人いらっしゃいました。

Aさんはご自分とあまり年のかわらない若い船員さんたちともすぐに打ち解け、
思いがけず楽しい船旅となったことをとても感謝しました。

IMG_0796_20100502005731.jpg

何時頃だったでしょうか、
船員さんの仮眠室で寝させてもらっていたAさんは、
ふと、周囲の騒がしい音で目が覚めました。
少しだけ顔をあげてそちらを見てみると、
仮眠室につながっている隣の倉庫で、船員さんたちがなにやら探し物をしていました。
そして、まもなく船員さんのひとりが、大きなヒシャクのようなものを持って、倉庫から出てきました。

なにかあったのかな、
漁が始まるのかな、などと
Aさんは思いましたが、お手伝いをするにもAさんは非力ですし、
自分がいてもお邪魔になるだけだろうと思って、
いろいろ考えたすえ、何も気がつかなかったことにして、そのまま寝ているふりをすることにしました。

そしたら、しばらくすると、船の甲板のほうから、
『おーう、おーう』と
なにやら大きな叫び声のようなものが聞こえてきました。
どうやら、あの船員さんたちの声のようです。

さすがに、何事かと思ったAさん、
こっそりと仮眠室を抜け出して、外にでる小さな階段からおそるおそる甲板をのぞいてみました。

すると、若い船員さんたちが、船の縁のほうに集まって、
真っ黒な海のほうにむかって、何やら大声で叫んでいました。

『おーう、ええわ、そこにおれ、そこにおれ』と言っているようです。
それから船員さんの中のひとりが、先ほど倉庫から持ってきたヒシャクを
力いっぱい海に向かって放り投げるのが見えました。
そして、全員でくりかえし、くりかえし、
『おーう、ええわ、そこにおれ、そこにおれ』と叫んでいました。

Aさんはそれまで寝ていたし、あまりに突然のことだったので、その時は自覚しませんでしたが、
あとから思い返すと、
波が荒かったのでしょうか、船はちょっと揺れ気味で、
真っ黒な海には薄い霧がかかっていたということです。

しかし、まもなくその騒ぎも収まりました。
その様子を、こっそり見ていたAさんも、
事態の収拾を察して、そっともとの仮眠室へ帰りました。

7239ee920f1cc9b0361a32c5af6798dc.jpg


翌朝、船はAさんを無事に四国のとある港へと運んでくれました。
Aさんは、たった一晩だけでしたが
すっかり仲良くなった船長さん、船員さんたちと別れを惜しみながら、船をあとにしました。

彼らとお別れしたとん、Aさんは急にお腹が減ってきました。
そういえば、洲本市で自転車のトラブルにあって以来、
Aさんはちゃんとご飯を食べていなかったのです。

そこでAさんは、港の近くにあった小さなお食事処に入りました。
その時間帯、ちょうどお客さんはAさんただひとりだったこともあり、
Aさんはお店のおかみさんとすっかり意気投合して、いろんなお話をしました。

その時ふと、Aさんは昨夜の出来事を思い出し、おかみさんに、
このふきんでは、夜に特別な漁でもしているのですか、とききました。
すると、お店のおかみさんは、
Aさんが食べた食器を片づけながら、こんなお話をしてくれました。

ああ、そら船幽霊がでたんじゃろ。
船に向かってな、ホーイホイと言いながら、船を止めてしまいよるんじゃ。
船のもんが気がついて出てきたら、
海から顔出して、『ヒシャク貸せ』と言いよる。
貸さなんだら、船にあがって来るからのう、船のもんはヒシャクを海に投げてやらんばならん。
でも、ヒシャクの底を抜いてから渡さんと、
そのヒシャクで水をくんで、船を沈めてしまいよるでの。
げに、船のもんはみんな、底なしヒシャクを積んどるのよ。
盆じゃからの、
荷の仕事でもない限り、夜は誰も船は出さんよ。

おかみさんは、さもつまらないことのように
Aさんにそんなお話しをしたあと
テレビをつけて、高校野球の応援を始めました。
17 : 56 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
ひきこもり
2012 / 08 / 06 ( Mon )
昨日はお天気もよかったし
夜には近所でお祭りもあったんだけんど
私は結局、一日中お部屋に閉じこもって
なんにもしませんでした。

私んちでは、昼間はクーラーを使わないので
むしあついお部屋の中で
朝からずっとアイスコーヒーばかり飲みながら
ただぼんやりと無意味な時間を過ごしていました。

そんで、暇にまかせて
ぽちぽちとブログのテンプレを改造したり、
なんとなくネットサーフィンをして、
全国のブロガーの方々の近況などを見たりしていました。

そして、ちょっと気がついたことがありました。

私が共鳴できるブログといいますか
私に似た発想や感覚をお持ちの方々は
自称『ひきこもり』と名乗ってらっしゃる方々にたいへん多いのです。

私は、ヒッキ―ではありませんが、
その思いや、焦りや、疎外感などは
私の普段からの思いと、たいへん共通点が多いのです。
むしろ、私はそちら側に近いのではないかとさえ思えます。

私が『ひきこもっていない』のは、単純に『生活ができない』からに過ぎず、
もし、ひきこもれる状況であるならば、
とっくにひきこもっていたかもしれません。

私はヒッキ―の方々に対して、良いとも悪いとも思いませんが
ひきこもってらっしゃる方々のほとんどが、大変苦しんでおられるご様子なので
いつか、その苦しみから脱することができればいいよね、とただ純粋にそう思います。

やらなくちゃいけないことがあるのに
それはよくわかっているのに、
どーしても立ち上がれない。
人がこわい、
明日が不安、
気はあせるんだけんど
あせるばっかりで、何もできてない。
ただ、日々だけが無意味に過ぎていく。
そして、そんな自分に絶望的な気分になる。

ひきこもっても苦しい。
外に出ても苦しい。
心の行き場がないのは、私も同じです。

私は、そんな方々とお友だちになって
できれば気さくに、だらだらと
ヒッキ―だとか、
そーでないとかは全部無視して、
『明日はどーしよーかなー』なんていう、お話をしたいと思うのですが、
そんなことを言っちゃうと、
『おまえに何がわかる』なんて叱られちゃいそうだから
いつもこっそり、遠くから様子を覗いているって感じになってます。

今日も朝からアイスコーヒーばかり飲んでいます。
私は、ホットはネスカフェなんですが、
なぜかアイスコーヒーはブレンディです。

もう一杯いただいたら、履歴書を書いて
今月中にもう一件、面接を受けるつもりです。

11 : 33 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
One World Of Nescafe~ZSAZSA PADILLA
2012 / 07 / 11 ( Wed )
あれは5月の中旬頃でしたか

キッチンで食器を洗っているときに
うっかりお気に入りのコーヒーカップを傷つけてしまって
ちょうど飲み口あたりのところが小さく欠けてしまったのです。

私はこのカップが大好きで
もう三年間くらい、
コーヒーを飲むときは、このカップを使っていたので
その時の思いときたら、まるで気の合うお友だちを失ったようなショックでした。

お家には、まだ好きなマグカップや
他のコーヒーカップもあるのですが
やっぱり、コーヒーを飲むときは、このカップが一番よくて
形といい、手に持った感触といい、一杯分の量といい、
私にぴったりだったのです。

そんで、やむを得ずしばらくの間は
他のカップを使っていたのですが、
やっぱり、そのカップが一番使いやすくて、
結局、欠けたままでその後一か月くらい使っていました。

ところが、ある時に、
その欠けたカップで飲んでいるところを
お母さんに見つかってしまって

『ビンボくさいことしなさんな。それでなくてもビンボやのに、ますますビンボになる』
なんて言われてしまいました。

んなわけで、
それからお買いものや、お仕事帰りなどに
ちらちらと陶器店や雑貨店を覗いて、いい感じのカップを探したんですけんど
なかなか『コレ』っていうのが見つかりませんでした。

私は、コーヒーを飲むことに関しては、
へんてこなこだわりがあって、
まず、マグカップでは嫌なのです(笑)
そんで、必ず陶器でないとダメで、セラミックやプラ製じゃ、飲んだ気になりません。
一番大切なのは、その量で、
多すぎず、少なすぎず、
最初の一杯をいただいたあと、
もうちょっとだけほしいな、くらいがちょうどいいのです(爆)

そんなわがまま蛇なんですが
先日、やっといいものが見つかりました。
それも、専門の陶器店やおしゃれなショップではなくて
日曜大工用品などを扱っている総合雑貨店でした(爆)

お値段は580円。
ソーサーもついています。
色は真っ白で、ちょっと肉厚ですけんど
以前のお気に入りに感触が近くて、とっても気にいっています。

実は、うちには、私のお誕生日にいただいた
マイセンのコーヒーカップがあるんですけんど
なんだか私には馴染めなくって、来客専用になってます。
お家じゃインスタントのネスカフェだしね(笑)

きいたところによると
『こだわりの道具』や『お気に入りの道具』ってみなさんあるみたいですね。
高級品はすべていい、ってわけじゃなくて
やっぱ、自分にあったものが一番ですね。


昔のネスカフェのCM曲のなかで、
私が一番いいと思っていた曲なんですけんど
CMフィルムに記載されている歌手名で検索しても
どうしてもその曲を見つけることができませんでした。
私は『やさしく歌って』『Do You Know Where You're Going To』のように
既存のヒット曲をアレンジしたものだとばかり思っていたのです。

それが、偶然ある方から教えていただいて、
ネッスルが自社のCMのために書き下ろした曲だったことがわかりました。
その名も『One World Of Nescafe』といい、商品名が入っています。
YTを検索してみたところ、たった一本だけ、アップされていました。
10 : 29 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
催涙雨
2012 / 07 / 06 ( Fri )
遠い昔、
天の川の近くには、天の神様が住んでおられました。
天の神様にはひとり娘がいて、その名を織姫といいました。
織姫は美しく育ち、
神様たちの衣を作るお仕事をしていました。

やがて織姫もよいお年頃になったので、天の神様はお婿さがしをすることにしました。
そして見つけたのが、牛飼いをしている彦星という若者でした。

ふたりはすぐに愛し合い、結婚をして幸せな暮らしをはじめたのですが
お互いに愛し合いすぎて、ひとときも離れていることができなくなってしまいました。
その結果、織姫は機を織らなくなって、彦星は牛の世話をしなくなってしまったのです。

そうすると、他の神様たちから、天の神様へ苦情がくるようになりました。
織姫が機を織らないから、神様たちの衣はボロボロで、
彦星が牛の世話をしないから、牛たちはみんな病気になってしまったからです。
天の神様はそれを聞いてたいへんに怒りました。
それで、二人を引き離し、天の川の東と西へ別々に住まわせたのです。

ですが、織姫がとても悲しんでいる様子を見た天の神様は
一年に一度だけ、七夕の夜に、彦星と逢うことを許しました。
それ以来、織姫は一年に一度のその日だけを楽しみにして
今も毎日一生懸命、機を織っているそうです。

この説話は地方によって多少物語が違っていますが、
おおむねはこんな感じのようです。

ところで星座でいうと、
織姫は、こと座の『ベガ』という一等星ですが、
不思議に彦星が何座なのか、私は知りません。
wikを調べても、彦星が何座なのか言及がありません。
また、カササギが天の川に架けてくれた橋をわたって、
年に一度、愛しい人に会いにいくのは、織姫のほうなので、
それらのことから、このお話は『女性』のお話であることがわかります。

蛇としては、天の神様を含めて、
周囲の神様たちにちょっとした憤りさえ覚えますが(爆)、
機を織ることが、織姫の義務だったとすれば、
彼女はやっぱり間違っていたのかな、なんて思います。

蛇なら、どうしたでしょうか。
私はなんだか、それがいけないことだとわかっていても
織姫と同じく、それまでのすべてのことを放棄してでも
愛しい人にくっついているような感じがします。

ちなみにこの二人が年に一度だけ逢える七夕は
日本じゃ梅雨時にあたるので、なかなか晴れてくれません。
七夕に雨が降ると、天の川の水かさが増して、カササギが橋を架けられないので、
織姫はまた次の年の七夕まで、遠い天の川の向こう岸から
ただひとり、じっと愛する人を想って暮らすことになるんですよね。

七夕の夜に降る雨を
『催涙雨』というそうです。
蛇としては、晴れなくてもいいから、
七夕の夜だけは、どうぞ雨が降りませんようにと
毎年、自分と彼女のために、願いをこめて短冊を飾っています(笑)

11 : 44 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
Red Roses for a Blue Lady~Gontiti
2012 / 06 / 16 ( Sat )
今日は雨模様だったこともあって
午後から、お部屋で久しぶりにネットサーフィンをして遊びました。

PCをノートに替えてから
テーブルがいらなくなったので
最近の蛇は床に寝転がったまま
だらしない姿でネットを楽しんでいることが多いです(笑)

今日は2~30のブログをサーフィンしてみましたが、
その中でも
『ネット上での自分の失敗』を自嘲的に書いてる女の子がいて
今日読んだ記事では、それが一番面白かったです。

『すっかり男性だと思い込んでいた相手が、実は女性だった』という内容で、
その経過、顛末には大笑いしてしまいました。
とくにコメはしなかったけんど、
私にも似た経験があるので、その複雑な心情がよくわかりました。

私のお友だちにM男(24歳)というゲームマニアがいて、
彼があるゲームサイトでB男くんという、とても気が合う子と知り合いになりました。
B男くんはとても親切で、M男の疑問をしらべてくれたり、
秘密の攻略法をこっそり伝授してくれたりして、
いつかM男は、その子のことを
『ネットの親友』とまで公言するようになりました。

ところがある日、別のサイトで、
偶然、このB男くんがまだ12歳の中学一年生だったことを知り、
M男は愕然としました。
ゲームを楽しむのに年齢は関係ありませんが、
それ以来M男はなんとなく、B男くんとお話しにくくなって
結局M男はネットから姿を消してしまったのでした。

私のような日記系ブログですと、
とくに年齢や性別を明かさなくても、記事の内容である程度は把握できますが
2チャンネル系や趣味ブログですと、
相手の正体が見えないので、
M男のように仰天しなくちゃいけないこともあるわけです(笑)

中学生を親友と呼べるのも
二次元の世界ならではのこと。
そこにネットの良さもあり、また落とし穴もあるんですよね。
上手なネットの遊び方は、
やっぱ、今日読んだ彼女の記事のように
『二次元』と『三次元』はきちんと区別して考えることだと私も思います。

ネットに限りませんが、
夢は夢として置いておくほうがいい場合もあります。
夢を実体化しようとして、
苦労したすえに、実際に手に触れてみると、
思ったより案外つまらないものだったりしますからね(爆)

20 : 35 : 13 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(28) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。